カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. RACE
  3. 2020年 JJSF 全日本選手権大会 Pro SKI GRANDPRIX Class ROUND 1 & 2 水上バイク(ジェットスキー)

2020年 JJSF 全日本選手権大会 Pro SKI GRANDPRIX Class ROUND 1 & 2 水上バイク(ジェットスキー)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開幕戦を制するのは誰だ!? 今年もレベルの高いバトルが繰り広げられる

2020年7月11日(土)、12日(日)の両日、愛知県蒲郡市のラグーナ蒲郡において、JJSF全日本選手権シリーズROUND 1およびROUND 2が開催された。この大会は、JETSKI World Cup出場のためのセレクションレースも兼ねている。世界戦に焦点を絞っているライダーにとっても、貴重な実践の場である。

ROUND 1、ROUND 2ともに風が強く、海面に波が立つコンディションとなった。荒れた海面で、周回数が長いレースは、最後には力のあるライダーが確実に上がってくる。


開幕戦の勝者は服部和生、第2戦は倉橋秀幸と、納得の顔ぶれとなった。

緊張のスタートシーン。

ROUND 1

ラフウォーターの開幕戦を制したのは、高いライディングスキルを持つ服部和生だった

11日(土)に行われた開幕戦の特筆すべき内容は、第1ヒート。スタートでほとんど最下位にいた倉橋秀幸が、全員を抜き去って1位になったことだ。
国際大会のセレクションレースとなっていることもあり、コースも広く、周回数も12周と非常に長い。 周回数が多いほど、実力者が確実に上ってくる。

今大会、昨年度チャンピオンの竹野下正治や、実力者の片山司が欠場していたが、もし参戦していれば、より壮絶なバトルになっただろう。素晴らしい走りを見せた倉橋だが、第2ヒートはマシントラブルにより、表彰台を逃した。

第1戦の勝者は服部和生。彼はここ数年、表彰台の常連となっている実力者だ。2位や3位に入賞する確率は非常に高いが、優勝には恵まれなかった。それだけ、このクラスの選手層が高い証拠である。

トップを走る服部和生。

レース直後。トップフィニッシュした笑顔の服部。

ROUND 2

「さすが倉橋」という、圧倒的なライディングスキルを見せた倉橋秀幸

翌日曜日に行われた第2戦の勝者は、第1戦の雪辱を果たした倉橋だ。 第1ヒート、スタートでトップに出た山本陽平に次いで2位の好位置に付けた倉橋は、2周目で山本を抜き去り、そのままトップを譲らずゴール。
山本は、今大会からマシンをコマンダーGP1に乗り換えて参戦している。第1戦も総合2位になるなど、実力のあるライダーがスタートに強いマシンに乗れば、ホールショットが獲れるということを証明した。

第2ヒートのホールショットは箭内秀吉。彼はブレットV3で参戦している。瞬発力に関しては抜群のマシンだ。
第1ヒート同様、2位に付けていた倉橋が、4周目で箭内を抜いてトップフィニッシュ。逃げる箭内と追い詰める倉橋のバトルは、見ごたえがあった。2ヒートともにトップと、倉橋らしい勝ち方で第2戦を制した。

盤石の走りを見せた倉橋秀幸。

倉橋は前日の雪辱を果たし、2ヒートともにトップの完全勝利。

【Race Topic】オリジナルのフロントカウルを装着した、山本陽平のコマンダーGP1

第1ヒート、スタートでトップに出た山本陽平。今季からコマンダーGP1で参戦している。マシンを乗り換えた理由を「世界レベルのマシンに乗りたかった」と言う。「俊敏性が高く、スタートで前に出られる」と山本が言うように、ホールショットを連発していた。

山本陽平のコマンダーGP1。船体加工のプロフェッショナルだけあって、世界に2つとないオリジナル形状のフロントカウルが装着されていた。これを装着することで、ラフウォーターでノーズが水に刺さるのを回避できるという。

山本のマシンを上から見るとこんな形だ。知識と経験、実力がないと作り出せない造形である。

大きく張り出したフロントカウル。後方から見ると、いかに大胆な形状かよく分かる。

エンジンは、SX-Rと同じカワサキ製1500ccエンジンが搭載されている。

力のあるライダーが「ホールショットを取れるマシン」に乗ると、高確率で前に出られると証明した。

山本の走行シーン。服部が後ろを走る。
倉橋、山本、服部、桜井直樹といったベテランライダーと、海老原祥吾のような若手がバトルするシーンは、見ていて飽きることがない。


写真で見る「Pro SKI GRANDPRIX Class」ROUND 1 & 2

ROUND 2の第2ヒート。ホールショットは箭内秀吉。船体が小さく軽いブレットハルで、果敢に攻めた走りを見せてくれた。

レース後、健闘を称え合う、倉橋(写真左)と山本(右)。

ROUND 1では総合3位に入賞した海老原祥吾。成長著しい若手のホープだ。

塩田智晴。

ベテラン・桜井直樹。今シーズンもアグレッシブなライディングを期待する。

斉藤貴彦。

新川 翔。

山﨑友裕。

竹田憲二。

後続艇の状況を確認する倉橋。トップを快走中。後ろにいるときでも、先頭で走っているときでも、常にレース全体を見渡して現状を把握している。
ROUND 2の第2ヒートで、スタートからトップを走っていた箭内を追いかける際、選択コースで常に箭内とは反対側を選んでいた倉橋。レース後、「どうして選択コースでアウトとインに分かれるのか?」と聞いたところ、「あの状況で同一コースを走っていたら、自分の後ろを走っていた山本選手や桜井選手に抜かれていた」と答えてくれた。あえて箭内と違うコースを走ることで、後続艇に抜かれないように計算していたのだ。
レース中の全ての状況を的確に把握したうえで戦っているのが倉橋である。そういった倉橋の動きは、昨年のチャンピオン・竹野下正治と驚くほど似ている。

JJSF 蒲郡大会 関連記事
JJSF 2020年 全日本選手権シリーズ戦・第1戦、第2戦 蒲郡大会開催 
2020年 フリースタイル・TECHNICAL全日本選手権大会 ROUND1
2020年 全日本選手権大会 Pro RUNABOUT GP Class ROUND 1 & 2
2020年 JJSF 全日本選手権シリーズ・第1戦、第2戦 RACE GALLERY 蒲郡大会

【関連記事】
2020年 水上バイク・全モデルラインナップ
道を創った男 今から約33年前の1987年、日本人で初めてアメリカツアーに参戦したライダーがいた・飛野照正氏
嘘だろ!「ハイオクガソリン、どこで買っても中身が同じ!?」

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング