カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. TOURING
  3. 泣きたいニュース! 釣り糸1本でジェットが沈没! 緊急報告・12月の大阪湾でフラッグシップが沈没した理由! ジェットスキー(水上バイク)

泣きたいニュース! 釣り糸1本でジェットが沈没! 緊急報告・12月の大阪湾でフラッグシップが沈没した理由! ジェットスキー(水上バイク)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たった1本の釣り糸のせいで、極寒の12月の大阪湾で泳ぐ羽目になった話

フラッグシップモデル、1本の釣り糸に沈む

ツーリングの鉄人、パルアップの斉藤智祐社長の一番弟子、ダーさんから、「寒風吹きすさぶ12月の大阪湾で、愛艇の2018年モデルSEA-DOO GTX Limited 300(以下、ジェット)が沈没した」と、連絡がありました。沈没の原因は「釣り糸」だそうです。

たかが釣り糸。されど釣り糸……。

誰にでも起こる悲劇。それは「巻き込み」

この日ダーさんは、いつものようにパルアップから明石海峡方面に向けて、1人でツーリングに出かけたそうです。ちなみにダーさん、多いときは週に2度ほど、ジェットで一人旅に出かけています。
パルアップからの出航なら、斉藤鉄人をはじめ、この海域を知り抜いた熟練スタッフが揃っているので、何かあっても「電話1本で駆けつけてくれる」ことを知っているので、気ままな一人旅も、心置きなく楽しめるそうです。

ツーリングを満喫したダーさんは、パルアップに戻るため、神戸から芦屋の運河に入りました。あと30分ぐらいで到着というとき、悲劇は起こりました。
運河に入ると、水面はベタになります。それまで時速80kmくらいで走っていたのを、アクセル全開。100km/hオーバーと思った瞬間、いきなりのエンジン停止……。それ以降、セルをまわしてもウンともスンとも言わなくなりました。

人生初の救助要請……

ダーさんのツーリング人生で、初の「レスキュー依頼」の電話をパルアップにかけると、「すぐに駆けつけてくれる」とのこと。ジェットの上で、安心して救助を待っていました。
何もせず、ただボンヤリと待っているだけの時間は、非常に長く感じます。太陽が西に傾き始め、気温もどんどん下がってきます。「なんだかな~」と、ブルーな気分がダーさんを襲い始めたころ、遥か前方から、自分に向かって真っすぐ走ってくるボートが見えました。

引き波で沈没!?

「ようやく助かった!」と思いきや、その船は止まらず、ダーさんの真横を通り過ぎて行ってしまいました。さらに悪いことに、その引き波を食らった瞬間、船体が左右に振られ、どんどんジェットが水に沈みはじめシートに座っていられず、水の中に飛び降りた!
「このままでは、完全に沈んでしまう」とジェットから飛び降りたときには、思わず「なんでだ!」と心の中で叫んでいました。あとは救助を待って、船を掴んで、水の中で浮いているしかありませんでした。
その様子を、近くの陸から見ていた釣り人たちの視線が、とても痛かったそうです。

ジェットの不幸は「蜜の味」

釣り人からすれば、「高そうなジェットが半分沈んでいて、その横で運転手が冷たい水の中で浮いている。しかも、命に別状はなさそうだ」。人の不幸は蜜の味ではないですが、これほどワクワクできる状況はなかなかありません。
例えるなら、高速道路でロールスロイスがオーバーヒートしている状態。横を通り過ぎるクルマは、皆、嬉しそうに見ているようなものです。釣り人から、「ざまあみろ」と言わんばかりの、冷たくて熱い視線を受け続けたそうです。

ようやくショップスタッフに救助してもらい、マリーナで撮影したのが下の写真です。

ピンク色っぽい“釣り糸”がガッツリ絡まっています。

いくら気を付けていても、防げない事故はあります

シャフトに巻き込んだ釣り糸でカーボンリングが歪み、船内に水が浸入したと予測されます。時速100kmでエンジンが突然停止したのは、船内に入った水が、エアクリーナーからエンジン内部に浸入したからです。

この状態になったら、完全にエンジンはオシャカ。エンジン内部は、ウォーターハンマー状態で復活は無理です。
今回の事例は、パルアップでも初めてのことだそうです。

海を走っていて釣り糸を巻き込んでしまうなんて、誰もが防ぎようがありません。
走行中に釣り糸が見えたら、大きく迂回するなどの対処が必要です。しかし、今回のダーさんのように、全く知らないうちに巻き込んでいたというケースは、防ぎようがありません。

今回のような事故は、海でも川でも湖でも、どこでも起こる可能性があります。そのためにも、ツーリングに出かけるときは、事前にマリーナやショップに出港届を出して行くようにしましょう。万が一のとき、頼りになるのは拠点です。

信頼できるショップと、事故後の対処が、被害拡大を防ぎます

たかが“釣り糸1本”のために、ジェットのエンジンは、修復不可能なぐらいの大ダメージを負いました。
ダーさんのジェットは、2年前に買った新艇のフラッグシップ。今、中古で購入しても、100万円は下りません。損害は甚大です。

結局、ダーさんはこのジェットの修理を諦めて、2021年モデルの新艇を購入することを決めました。新艇購入費用の多くを、今回の事故の保険金でカバーすることができたそうです。

この悲劇の詳細な状況や、保険会社とのやりとりなど、知っておいて損はないリアルな実情を、2021年1月10日公開のワールドジェットスポーツマガジン2月号にて掲載します。一歩間違えたら支払われなかった保険金やそれらのやりとりを、今後のジェットライフの参考にしてください。

 

【関連記事】
優良ショップが教える・ジェットを長持ちさせるワンポイントアドバイス
2021 水上バイク国内全モデルラインナップ
2021年 BRP SEA-DOO(シードゥ)ニューモデル 国内全モデルラインナップ
2021年 ヤマハ マリンジェット ニューモデルラインナップ
2021年 カワサキ ジェットスキー ニューモデルラインナップ
嘘だろ!「ハイオクガソリン、どこで買っても中身が同じ!?」
ガソリンスタンドで給油を断られたらどうする?

 

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング