カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. RACE
  3. 2020 JET SPORTS JAPAN CUP in NISHIKINOHAMA レースギャラリー  水上バイク(ジェットスキー)

2020 JET SPORTS JAPAN CUP in NISHIKINOHAMA レースギャラリー  水上バイク(ジェットスキー)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

aquabike 「AQUA SPORTS GP1」クラスの模様

2020年9月5日(土)、6日(日)の両日、大阪府貝塚市二色の浜公園において、「JET SPORTS JAPAN CUP in NISHIKINOHAMA」が、「aquabike」と併催で開催された。非常に大型の台風が接近し、一時は開催が危ぶまれたが、両日ともにレース中は好天で、レース終了と同時に雨が降り出すという珍しい天気となった。
「JET SPORTS JAPAN CUP in NISHIKINOHAMA」は、全9カテゴリーのレースが行われた。

A SKI SLTD クラス

マシンの改造範囲の広いスタンドアップクラス。
第2ヒートのスタートで、インコースのホールショットは上田真利奈選手、アウトコースは東野亮治選手が獲得。上田選手がトップに立つと、そのまま逃げ切ってトップフィニッシュ。
2ヒートを安定した成績でポイントを重ねた上田選手が総合優勝を飾った。



優勝した上田真利奈選手。

陣川雄大選手。

東野亮治選手。

田中エミ選手。

束村江里香選手。

鳳山世紀選手。

上坂和成選手。

A SKI-X SLTD クラス

マシンの改造範囲の広い、ハンドル固定式のシングルモデルのクラス。同じチームの同門対決は、束村智史選手に軍配が上がった。



優勝した束村智史選手。

中田慎二選手。

B SKI STK クラス

マシンの改造範囲の狭い、スタンドアップのクラス。2ヒートともに、陣川雄大選手がトップを快走した。



優勝した陣川雄大選手。

山内一郎選手。

B SKI-X STK クラス

改造範囲の狭い、ハンドル固定式のシングルモデルのクラス。第1ヒート、第2ヒートともに下園光司選手が優勝した。



優勝した下園光司選手。

内村亮太選手。

OP WOMEN STK クラス

女性レーサーが出場するクラスには、3人がエントリー。
第1ヒートは上田真利奈選手がトップ、2位が金子選手、3位が向井選手。
第2ヒートは、ファーストラップは上田真利奈選手、2位は向井加寿子選手、3位は金子真珠選手の順。上田選手が途中、落水したため向井選手がトップフィニッシュ。2位が金子選手。上田選手はそのままリタイアとなった。両ヒートとも、安定して2位になった金子選手が、優勝を飾った。



優勝した金子真珠選手。

向井加寿子選手。

上田真利奈選手。

OP RUNABOUT SLTD クラス

A級、B級を問わず、ランナバウトでエントリーできるクラス。西村裕史選手が、危なげない走りで1位をキープし、そのままゴールした。



優勝した西村裕史選手。

福長健児選手。

M SKI SLTD クラス

カテゴリーに「M」が付いたクラスは、年齢が45歳以上なら誰も参加できるマスターズクラス。改造範囲の広いマシンで参加できる。
第2ヒートは、三宅貴之選手がスタートから快走し、トップフィニッシュ。第1ヒート、第2ヒートともに勝利し、完全優勝を飾った。





優勝した三宅貴之選手。

山本茂晴選手。

田島 直選手。

山地達也選手。

上坂和成選手。

豊田昭夫選手。

M SKI-X SLTD クラス

ハンドル固定式のシングルモデルを使ったレースで、年齢が45歳以上なら誰も参加できる。
第2ヒートは、最終ラップまで激しいトップ争いとなったが、最後まで河口勝則選手が先頭を譲らずホールトゥフィニッシュ。



優勝した河口勝則選手。

北田吉弘選手。

上田 裕選手。

550 エキシビション クラス

通常のレースカテゴリー以外のエキシビションレースとして、コースを小さくして、全員がJS 550で走ったこのクラス。最終ラップまでは2位の中村貴司選手がトップを走っていたが、最後で佐藤まお選手が抜いて逆転優勝となった。

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング