カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. RIDE
  3. 2019 SEA-DOO「FISH PRO」試乗インプレッション

SEA-DOO「FISH PRO」試乗インプレッション

シードゥのニューモデル「FISH PRO」は、「釣り特化型」です。
「釣りのため」の機能が満載の「FISH PRO」の実使用インプレッションです。
「走行特性」から「フィッシング」までのインプレッションです。


全  長◆3,734mm

全  幅◆1,255mm

最大馬力◆155hp

排 気 量◆1,494cc

乾燥質量◆389kg

定  員◆3名

 

走行性能

俊敏さは、さほど感じられない。

しかし、快適さは抜群だ。

乗っていて、楽である。

 

「FISH PRO」に乗って、最初に感じることは、ものすごい安定感だ。
船体にはハイパワーのRXT-X300と同じ「ST3ハル」を採用している。
リア部分はプラットフォームが装着され、RXT-Xなどと比較して、船尾が28cmほど延長されております。
この長さが、安心感や安定性に貢献している。

 どれだけハードにライディングしても、顏に水がかからない。
 フラットなシートは、走行中でも快適。
別に、「飛ばさなくて良いじゃん」という気になるから不思議だ。

このジェットでアクセルを全開にするのは、魚を追いかけるときと、
海が荒れて、急いで帰るときだけだと感じた。

燃費が良いのにも驚かされた。
155馬力でガソリンタンク容量が70ℓもある。
スーパーチャージャー装着艇ではなく、自然吸気のNAエンジン。
釣りのポイントまで走って、フィッシングを楽しむならば、
1日無給油でも大丈夫であろう。

総括
走りを分かりやすく伝えるために、「FISH PRO」同じ「ST3ハル」を採用している
ハイパワーの「RXTーX300」と比較してみる。

「FISH PRO」はガソリンタンク容量が10 ℓ 分大きい。
全長は約28㎝長い。
エンジン馬力は155馬力だ。

だから、「FISH PRO」良い意味で、エンジンパワーが船体「ST3ハル」に負けている。
これが、走行時の比類なき安定性や、安心感に繋がっているのだ。
ピーキーさは皆無で、急加速も、小回りも苦手だ。
だからこそ、あらゆる意味で、釣り専用ジェットとして、最良の走りになっていると思った。

 

 


これでもか! という充実装備。

 

LinQ Attachment System

(リンクアタッチメントシステム)とは、どれほど激しくライディングしても、絶対に外れない画期的なシステム。

クーラーボックスなどが、ワンタッチで脱着できる。

 

 


普通、「釣りをするなら、どこで釣るの?」を考えてみる。
●水面沿いの陸地から釣る
●船(自前の船、乗合船など)に乗る
大抵、この2つだ。
これと比べて、ジェットフィッシングのほうが楽しければ、「水上バイクで釣りは楽しい」といえるだろう。

「水面沿いの陸地」から釣る場合、防波堤や岩場などで、魚をひたすら待ち続ける必要がある。そこに魚がいなければ、釣れない。
「船に乗る」の場合、魚のいる場所に移動できるので、釣れる確率が格段に上がる。
遊漁船や乗合船に乗れば、ベテランの船長が釣れるポイントに的確に連れて行ってくれる。しかし、時間も決まっているし、他人と一緒に乗り合いになったら気も使う。


では、水上バイクでの釣りはどうだろう。
最大の魅力は、手軽でスピーディなこと。
小回りの利く水上バイクの機動力は、水の上で最強の武器となる。
「手軽」に「自由」に「1人」でも釣りに行ける。
釣りは魚との頭脳戦。
魚の通り道に待ち伏せするのも、魚の群に餌を放り込むのも、ジェットなら思いのままだ。


広いリアデッキには、大容量51ℓのクーラーボックスを標準装備。
このクーラーボックスには、取り付け位置を変えられるロッドホルダーが付いている。
クーラーボックス本体は、シードゥ独自の機能、LinQ(リンク)アタッチメントシステムによって、ワンタッチで取り外しできる。
さらにその後ろのデッキにも、LinQアタッチメントが付いているので、もうひとつ、クーラーボックスやガソリン缶などの専用アクセサリーが装備できる。

長くて大きな船体は、2人乗りでも快適そのもの。
余裕の2人釣りに驚かされた。

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング