カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. RACE
  3. aquabike 第4戦 蒲郡大会

7月7日(日)に、愛知県蒲郡市のラグーナビーチにおいて、「aquabike Japan Championship第4戦」が開催された。今年のaquabike Japan Championshipは全5戦。年間チャンピオンは、5戦のうちのポイントが良かった上位4戦分(小豆島大会+3戦)の合計ポイントで決まる。シリーズ戦も後半戦に入り、各クラス、白熱した戦いが繰り広げられた。

今大会、午前中は雲が多く、午後からは晴天に変わった。梅雨のド真ん中の日程ゆえ、「太陽がいっぱい」という感じではないが、雨に祟られることもなかった。水面状況は、沖では適度に荒れていて、不規則な波が選手たちを苦しめた。

GP SKIクラス

GP SKIクラスの優勝は片山司。昨年の終盤から「速さの片鱗」を見せ続けていた片山が、「KING」竹野下正治とのデッドヒートに競り勝って、今季初勝利を飾った。



GP RUNABOUTクラス

GP RUNABOUTクラスは、絶対王者・砂盃肇が勝った。砂盃は、スタートから飛び出し、ホールショットを獲得すると、そのままフィニッシュ。傍から見れば余裕の勝利だが、レース中、砂盃は相当なプレッシャーに苦しんでいたという。2位に千木良真之、3位に船戸大輝が入賞した。

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング