カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. RACE
  3. aquabike 2019年年間ランキング

2019年度の「aquabike Japan Championship」年間ランキングが決定した。

GP SKIクラスは、竹野下正治、GP RUNABOUTクラスは砂盃 肇、SPORTS GPクラスは片野丈一郎が、それぞれタイトルを獲得した。

GP SKIクラスの年間表彰式は、見ていて面白かった。チャンピオンの竹野下には、当然、不満はないだろうが、他の選手の反応はさまざまだ。5位以内に入っていても「この順位じゃ、ダメだ」と怒っている選手もいれば、過去に全日本チャンピオンを獲得している選手が、3位以内にも入らなかったのに誇らしげな顔をしている。現状、自分ができる態勢のなかで、1年間戦った成果がこの表彰式である。それぞれの選手にドラマがあり、いろいろな表情を見せることが印象的であった。

GP SKIクラス

竹野下正治と倉橋秀幸のタイトル争いは、竹野下に軍配が上がった。



2019年 年間ランキング(上位10位までを掲載)

1位 竹野下正治(マリンメカニック)
2位 倉橋秀幸(Wave Fighter)
3位 服部和生(UNLIMITED RACING)
4位 松浦章人(KHK Racing)
5位 日高瑞夫(FRORIC)
6位 平阪勇助(KILLER Racing)
7位 海老原祥吾(CLEVER Water cross team)
8位 片山 司(ZERO)
9位 斉藤貴彦(UNLIMITED RACING)
10位 伊藤憲太郎(SWF)











GP RUNABOUTクラス

圧倒的な力の差を見せつけ、砂盃肇が昨年に続いてチャンピオンとなった。



2019年 年間ランキング(上位10位までを掲載)

1位 砂盃 肇(マリンメカニック)
2位 船戸大輝(TEAM KEY WEST)
3位 生駒 淳(#1 pound1)
4位 小北順一郎(SDM racing)
5位 浅井信也(マリンメカニック)
6位 千木良真之(マリンメカニック)
7位 海辺満幸(PERFORMANCE MARINE)
8位 中野崇寛(NSP Racing)
9位 高橋登志朗(SWAT Racing Factory)
10位 森川博司(BELL FACTORY)











SPORTS GP1クラス

GP SKIクラスの優勝は片山司。昨年の終盤から「速さの片鱗」を見せ続けていた片山が、「KING」竹野下正治とのデッドヒートに競り勝って、今季初勝利を飾った。

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング