カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. MACHINE
  3. 2021 ヤマハ(YAMAHA)マリンジェット レーシングライクなニューモデル 「MJ-GP1800R SVHO」登場  水上バイク(ジェットスキー)

2021 ヤマハ(YAMAHA)マリンジェット レーシングライクなニューモデル 「MJ-GP1800R SVHO」登場  水上バイク(ジェットスキー)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンセプトは「軽量レーシング」。新しくなった「MJ-GP1800R SVHO」

トータル性能を向上させた、ハイエンドパフォーマンスモデル

ヤマハの2021年ニューモデルで、大幅にモデルチェンジをしたのが、この「MJ-GP1800R SVHO」である。

主な変更内容は下記の通りだ。
1. 燃料タンク位置を、従来モデルから80mm後方、かつ15mm下方に移動させた。
これにより、重心がより艇体の中心に近くなり、加速性能の向上を実現している。ハイパワーなSuper Vortex High Output Engineの胸のすく加速感を、存分に味わえる。

2. ジェットポンプのインテークリップを20mm拡大し、取り入れる水の量を増やすことで、走行性能を上げた。

3. 新機能のオートトリムを採用した。

4. カラーリングは2色展開。ヤマハらしい「ブルー(Azure Blue with White)」と、「ステルスブラックに緑の差し色(Black with Lime Green)」を入れたカラーが用意されている。
グラフィックデザインは、GPシリーズのDNAである「前へ、前へ」と進むような「フォワードブースト」となっている。

5. ハンドルの変更。レースシーンからインスパイアされた「ネイキッドスタイル」のハンドルは、ジェットにまたがるだけで、気分を盛り上げてくれるだろう。

価格は2,422,200円(本体+法定備品類を含む価格、税抜)、発売時期は2021年4月となっている。

「MJ-GP1800R SVHO」の各部の特徴

コックピット

コックピット中央に、4.3インチ液晶の「コネクスト・マルチファンクションディスプレイ」を新たに採用。FXシリーズとは違ってタッチ式ではなく、ステアリング横にあるパネルで操作するタイプである。
「コネクスト・マルチファンクションディスプレイ」で操作できる基本的な機能は、以下の6つ。
1. 「ドライブコントロール」:最高速度と加速力の選択が可能。
2. 「セキュリティシステム」:エンジン始動時に4桁の入力を求める。
3. 「T.D.E.機能」:微速前後進が可能。着岸、離岸、接近などに合わせた速度の微調整ができる。
4. 「No Wakeモード」:スロットル操作なしで、ひき波の立たない速度で走行できる。
5. 「クルーズアシスト」:クルージング中に速度を一定に保つ。
6. 「リバースアシスト」:リバース時のエンジンの回転数を調整し、トレーラーからの離脱を補助する。



チルト機構付きハンドルバー

レースシーンからインスパイアされた、バーハンドルタイプのチルト機構付きのハンドル。「アジャスタブル・チルト・ステアリング」によって、自分の体格や好みに応じて4段階にセットできる。
ノーウエイクモードやクルーズアシスト、ドライブコントロールなどのスイッチ類が、機能的に配置されている。また、今回から新デザインのコンパクトなスイッチボックスが採用された。グリップは、手にフィットする新形状のパームフィットグリップを採用。



オート・トリム・システム

「コーナリングコントロール」と「ラウンチコントロール」の2つから構成されている。
これは、走行状態に合わせて自動でトリム角度を最適化してくれ、ジェットの旋回性と加速性を向上させるシステムだ。加速時にはトリムを自動的にシフトダウンし、バウの跳ね上がりを抑制し、コーナリングの減速時にはバウダウンさせて、より鋭いコーナリングを実現してくれる。
操作はコネクスト・マルチファンクションディスプレイのメーターを通して、オンとオフを選択する。



ライディングスタイル

人間工学に基づいた設計により、シート幅が従来よりも35mmスリム(狭く)になった。
また、フットウェル部分が40mm下がり、幅が25mm広がるなど、低床かつワイドな設計に変更。エルゴノミクスの向上による「ライディングスタンス」が改善されている。



バウ物入れ

収納スペースの開口部を大きくすることで、収納物の出し入れが容易になった。


フットウェル・ドレイン

FXシリーズで好評だった、デッキに溜まった水を自然に排水する「フットウェル・ドレイン」を、GP1800R SVHOでも装備した。


カラーグラフィックは「Black with Lime Green」と、「Azure Blue with White」の2色展開。上写真は「Black with Lime Green」。

ヤマハ2021年ニューモデルの詳細は、無料公開中のワールドジェットスポーツマガジン2021年1月号でも掲載しています。
国内3メーカーの全モデルラインナップも載っていますので、これから購入予定の方は、ぜひ参考にしてください。

【関連記事】
2021 水上バイク国内全モデルラインナップ
2021年 BRP SEA-DOO(シードゥ)ニューモデル 国内全モデルラインナップ
2021年 ヤマハ マリンジェット ニューモデル
2021年 カワサキ ジェットスキー ニューモデル
インターネット オークション 騙す方が悪いのか、騙される方が悪いのか 高い授業料を払わないために

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング