カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. MACHINE
  3. 2021 ヤマハ(YAMAHA)マリンジェット レーシングライクなニューモデル 「MJ-GP1800R SVHO」登場  水上バイク(ジェットスキー)

2021 ヤマハ(YAMAHA)マリンジェット レーシングライクなニューモデル 「MJ-GP1800R SVHO」登場  水上バイク(ジェットスキー)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンセプトは「軽量レーシング」。新しくなった「MJ-GP1800R SVHO」

トータル性能を向上させた、ハイエンドパフォーマンスモデル

2021年モデルdえは、GP1800R SVHOがフルモデルチェンジされた。主な変更点は、重心位置が変更されたこと。燃料タンク位置を、従来モデルから80mm後方、かつ15mm下方に移動。

重心が、より艇体の中心に近くなり、加速性能の向上を実現した。ハイパワーなSuper Vortex High Output Engineのパワーを、コントロールしやすくなったのだ。

これにより、マシンの走行姿勢を制御する必要が少なくなり、今まで以上に、ライダーフレンドリーになった。




マリンジェット最速の「GP」を冠したモデル

GP1800R SVHOは、ヤマハ最強のスーパーチャージャーモデルである。1800ccエンジンと、超軽量素材「NanoXcel 2」を採用したGPハルのパッケージにより、軽快なライディングが可能である。

一方で従来モデルでは、「軽量パワフルな船体は小回りが利くが、ライディングが難しい」とされてきた。今回の改良で、「難しい」とされてきたライディングが、少し優しくなった。

 


人間工学に基づいたライディングポジション

エルゴノミクスに基づいた設計により、 従来よりも、シート幅が35mmスリム(狭く)になった。 さらに、フットウェル部分が40mm下がり、 幅が25mm広がるなど、低床かつワイドな設計に変更。 「ライディングスタンス」が改善され、より乗りやすくなった。



アンダーハル

アンダーハルは、前モデルと同じである。ミドルサイズのGPハルに、マリンジェット最高の1800ccスーパーチャージャー・エンジンが搭載されている。




ジェットポンプ(JET PUMP)

ジェットポンプのインテークリップを20mm拡大し、取り入れる水の量を増やすことで、走行性能を上げた。新設計のインテークゲート(格子)により、乱流の少ない水流をジェットポンプに送り込むことが可能となった。高性能ジェットポンプと相まって、不安定な水面下でも加速性が向上。キャビテーションの減少を実現した。



ライディング・アシスト RIDING ASSIST

モデルチェンジされたGP1800R SVHOの、主なバージョンアップの内容は、ライディングが優しくなったことだ。

オート・トリム・システム(AUTO TRIM SYSTEM)

左グリップ側のボタン操作により、走行状態に応じた、最適なトリムに設定できる電動トリムシステム。※船舶における「トリム」とは、船首喫水と船尾喫水の差のこと。

オート・トリム・システム(AUTO TRIM SYSTEM)の主な機能

オート・トリム・システムは、「コーナリングコントロール」と「ラウンチコントロール」の2つから構成されている。

走行状態に合わせて、自動でトリム角度を最適化し、ジェットの旋回性と加速性を向上させるシステムだ。加速時にはトリムを自動的にシフトダウンし、バウの跳ね上がりを抑制。減速時にはバウダウンし、より鋭いコーナリングを実現する。

操作はコネクスト・マルチファンクションディスプレイのメーターを通して、オンとオフを選択する。




魅惑のYAMAHA Design ヤマハのデザインが素敵!

近年、マリンジェットのデザインがイケている。このGP1800R SVHOもそうだが、FXシリーズも素敵なカラーリングが施されている。外観グラフィックによって、船体の大きさまでもが違って見えるから不思議だ。これだけ完成されたデザインだと、カスタムするのも抵抗がある。それって、スゴイことだ。

カラーグラフィックス(COLOR GRAPHICS)

GP1800R SVHOのカラーバリエーションは2色。 ヤマハらしい「ブルー(Azure Blue with White)」と、「ステルスブラックに緑の差し色 (Black with Lime Green)」を入れたカラーが用意されている。 グラフィックデザインは、GPシリーズのDNAである「前へ、前へ」と進むような「フォワードブースト」である。

Lace-Like Handle

マリンジェットのハンドルシステムが一新された。ジェットにおいて、素晴らしいデザインは機能美にあふれている

ハンドルの変更 (CHANGE HANDLE)

純粋な速さを求めるライダーのために生まれたマリンジェット。 シートにまたがるだけで、気分が盛り上がる。

チルト機構付きハンドルバー(HANDLEBAR WITH TILT MECHANISM)

レースシーンからインスパイアされた、 バーハンドルタイプのチルト機構付き。 「アジャスタブル・チルト・ステアリング」によって、 自分の体格や好みに応じて4段階にセットできる。

ノーウエイクモードやクルーズアシスト、ドライブコントロールなどのスイッチ類が、機能的に配置されている。 また、今回から新デザインのコンパクトなスイッチボックスが採用された。 グリップは、手にフィットする新形状のパームフィットグリップとなっている。

コックピット(COCKPIT)

コックピット中央に4.3インチ液晶のコネクストマルチファンクションディスプレイを新たに採用。 タッチ式ではなく、ステアリング横にあるパネルで操作するタイプ。このディスプレイで操作できる基本的な機能は、以下の6つである。

1 「ドライブコントロール」最高速度と加速モードの選択が可能。



2 「セキュリティシステム」暗証番号式で、エンジン始動時に4桁の数字を入力する。



3 「T.D.E.機能」微速前後進が可能。着岸、離岸、接近などに合わせた速度の微調整ができる。



4 「No Wakeモード」スロットル操作なしで、ひき波の立たない低速走行が可能。



5 「クルーズアシスト」クルージング中、スピードを固定して一定の速度で走る。



6 「リバースアシスト」リバース時のエンジンの回転数を調整し、トレーラーからの離脱を補助する。



コックピット・グローブボックス(COCKPIT GLOVE BOX)

出し入れしやすいハンドル下に、グローブボックスを配置。容量も十分で、小物の収納に便利だ。

マルチマウントシステム(MULTI-MOUNT SYSTEM)

1/4 20ネジが切ってあるので、スマホホルダーやスピーカーなど、ユーザーの好みの装備にカスタマイズできる。

バウ物入れ(BOW STORAGE)

収納スペースの開口部を大きくすることで、入れた物の出し入れがしやすくなった。

FOOTWELL DRAINフットウェル・ドレイン

FXシリーズで好評の「デッキに溜まった水を自然に排水する」システムを、GP1800R SVHOでも採用した。

シート下物入れ(防水)(SEAT UNDERWEAR・Waterproof)

ストレージ容量を増やすと同時に、水密性を確保した。「衣類」や「貴重品」など、濡らしたくないものの収納に便利。

ワイドリア・プラットフォーム/デッキマット (WIDE REAR PLATFORM / DECK MAT)

スターンの広いプラットフォームからステップにかけて、カットパターンを施したデッキマットを採用。 プラットフォームは、シュノーケリングなどのマリンスポーツの小休止や、ウェイクボードをプレイする際のビンディング脱着などに便利なスペース。

リボーディングステップ(REBOARDING STEP)

シュノーケルや、ウェイクボードなど、マリンスポーツを楽しむときに、再乗船を簡単にするためにステップ。 使わないときは、このように跳ね上がっているので邪魔にならない。

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング