カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. MACHINE
  3. 2021 ヤマハ(YAMAHA)Super Jet(スーパージェット)【動画】 世界で最も、知り尽くした男 服部プロ インタビュー 水上バイク(ジェットスキー)

2021 ヤマハ(YAMAHA)Super Jet(スーパージェット)【動画】 世界で最も、知り尽くした男 服部プロ インタビュー 水上バイク(ジェットスキー)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベールを脱いだ、待望の新型4ストロークスタンドアップ「Super Jet」

2021年に発売されるヤマハ・マリンジェットの完全ニューモデルは、4ストロークスタンドアップの「Super Jet(以下、スーパージェット)」である。

スーパージェットは、1990年に「初代・MJ-SuperJet 650」が発売され、時代に合わせてバージョンアップしながら2019年まで販売された。
この30年間で、3度の大きなモデルチェンジが行われたが、驚くべきは、「たった3回しか大きな変更をしてこなかった」という事実だ。いかに、基本設計が良くできていたかが分かるものである。

そして2021年、満を持して4ストロークスタンドアップ 「Super Jet(スーパージェット)」が発売された。

【関連記事】 2021 ヤマハ(YAMAHA)「Super Jet」(スーパージェット) 新しいマリンジェット登場

「ヤマハ2021年スーパージェット・開発秘話」の詳細は、無料公開中の「ワールドジェットスポーツマガジン2021年5月号」
で掲載中です。

服部和生プロが語る「ニュースーパージェットの魅力」。

ボディサイズは、「限りなく旧型に近づけた」という軽量小型船体。

歴代スーパージェットのDNAを継承する「正統後継モデル」

コンセプトは「旋回をキメる小型軽量ボディ」

ランナバウト全盛のこの時代、ヤマハが4ストロークスタンドアップを投入したことは、このスポーツにとっても非常に大きな意義がある。

1989年10月、ヤマハは初めてのスタンドアップ「MJ-Super Jet(スーパージェット)650」の生産を開始。それ以来、サーフライド、フリースタイル、クローズドコースのレーサーをはじめ、スタンドアップユーザーを魅了してきた。

4ストロークエンジンを搭載し、船体もイチから設計をし直した全く新しいモデルなのだから、別の名前を付けても良かったのに、あえて2ストロークと同じ名を冠することで、全くの別モノではなく、スーパージェットのDNAを継承する「正統後継モデル」であることを示している。

今回、4ストロークエンジンを搭載したことで、排出ガス規制にも適合。琵琶湖をはじめ、環境面から2ストローク艇の乗り入れ禁止だった場所でも、大手を振って乗れるようになった。

バッテリーは、保守・点検時に便利な、補水メンテナンス不要の「メンテナンスフリーバッテリー」を新たに採用している。

「旋回をキメる小型軽量ボディの4ストロークスタンドアップモデル」をコンセプトに開発され、スポーツ走行志向のユーザーや、乗る楽しさを求める層をターゲットとしている。
国内では免許取得年齢の問題もあって難しいが、海外ではジュニアクラスレーサーも、対象としているという。

価格は1,391,500円(本体+法定備品を含む価格、税抜)、発売時期は2021年6月だ。
デリバリー後、各地で試乗会も開かれるだろうから、機会があったらぜひとも乗ってほしい。

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング