カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. BEGINNER
  3. 現代・ジェットスキーの弱点「バッテリー」 (水上バイク)

現代・ジェットスキーの弱点「バッテリー」 (水上バイク)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンピュータ制御は電気を大量に消費する

プロのジェットショップ店長が教えてくれた極意。「新品のバッテリーは、3年持つのが普通。4年目まで持ったらラッキー、5年目は必ず交換しましょう」

現代のランナバウトは、大抵がコンピュータ制御です。その分、使う電気量も多くなります。例えば、シードゥ艇に採用されている「iBR」機能や、ヤマハ艇の「RiDE」機能などを使うと、バッテリーの消耗率は非常に多くなります。

基本的に、ジェットスキーのバッテリーの寿命は「3年」です。メーカーのサービスマニュアルにも、「バッテリーの寿命は3年」と書いてありますから、それ以上使えたらラッキーと考えます。しかし、使い方によっては3年持たない場合もあります。理由はジェットスキーに乗らないと、バッテリーが放電されているばかりで、充電されないからです。
自動車でも、ずっと乗っていれば大丈夫ですが、長期間乗らなかったらバッテリーあがりを起こします。ジェットスキーも同じです。1年中、コンスタントに乗っていれば充電されますが、夏だけ数回しか乗らないと充電量が圧倒的に不足します。

なぜ「バッテリー」がジェットスキーの弱点なのか?

バッテリーの怖さは「突然、寿命が来る」ことです。家を出る前にエンジンがかからなかったら、新しいバッテリーに交換すればいい。でも、ツーリングに出かけた先で、どこかで上陸してお昼を食べて、「さあ出発しよう」と思ったら、エンジンがかからない……ということも往々にしてあります。エンジンストップしたのが海のど真ん中だったら、最悪の場合、命の危険性にも関わります。

だからこそ、定期的に充電を行いましょう。そして時期が来たら、バッテリーの交換をしましょう。くどいようですが、「メーカー推奨は3年間。4年持ったら“ラッキー”、5年目には交換」が基本です。

バッテリー(写真手前)とバッテリー充電器(写真奥)の一例(スズキマリンで使用のもの)。

夏だけしか乗らないなら、1年で最低3回は充電を

最も、バッテリーが放電するのが気温の低い冬です。もともとバッテリー内部の電解液は、気温の影響を非常に受けやすい。気温が下がると電解液の体積が減少し、正常な電圧の維持を妨害します。バッテリーあがりを起こしにくくする方法として、「定期的にジェットスキーを走行させる」「充電器で定期的に充電する」というのがあります。

年間を通してジェットスキーに乗るのが難しい場合は、「充電器で定期的に充電する」ことになります。では、どれくらいの期間を開けて充電するかといえば、例えば、夏だけ乗るユーザーの場合、バッテリーの充電は乗り始めの春先に1回、乗り納めの9月に1回、真冬の1月に1回の計3回してあげることが望ましいです。これは、メーカーが保証する3年間、問題なく使い切るためのやり方です。

バッテリーは家庭で充電できます。今は、機能の優れたバッテリー充電器が1万円前後で買えます。安いものなら3,000円台からあります。一般的に使うなら、5,000円~10,000円代のものが種類も一番多く売られています。サイズ的にもそれほど大きくないので、置いておくにも邪魔になりません。

バッテリー充電器例。価格は安い物から高い物までさまざまです。最近の充電器はサイズも卓上に置けるほどコンパクトなので、持っていても置き場所に困ることもない。1台持っていたら、何かと安心。

バッテリーを充電するときの注意事項

バッテリー端子の取り外しは「マイナス(-)から外してから、プラス(+)を外す」
取り付けは「プラスから取り付けてから、マイナスを付ける」

一番大事なことは、バッテリーを充電するときに、ジェットスキーに繋がっているバッテリーの端子を絶対に外して行ってください。そのときに気を付けてほしいのが、バッテリーターミナル(バッテリー端子)を外すときは、「-(マイナス)ターミナル」から取り外す。取り付けるときは逆に、「+(プラス)ターミナル」から組み付けること。

なぜ順番が大事かといえば、バッテリーのマイナス端子は、エンジンとフレームに繋がっているからです。いわゆる「アース」です。だから、プラス端子を先に外そうと、ドライバーやスパナレンチなどがプラス端子に触れている状態で工具を回し、フレームなどの金属部分に接触すると、ショートしてヒューズが飛んだりスパークして火傷をする危険性があります。

バッテリー端子の取り付けは、プラス(赤い方)から取り付けてから、マイナス(黒い方)を付ける。外すときは逆に、マイナスから外してから、プラスを外す。

充電時、できるだけ「急速充電」を避ける

もうひとつ注意したいことは、バッテリーの充電は、できるだけ長い時間かけて行いましょう。できれば避けたいのが、「急速充電」です。人間だって、急いでご飯を食べるより、ゆっくり食べるほうが体に良いです。バッテリーもそれと同じです。夜、充電器をセットしておけば、朝になれば勝手に充電が終わっています。満充電になったら、自動的にストップしてくれる充電器もあります。

バッテリーをいたわって、常に安全な状態で使えるようにしましょう。そして、できるだけ4年持つようにすると経済的です。

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング