カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. RIDE
  3. 2021年、真冬の九十九里浜でサーフライドにチャレンジ! (水上バイク)ジェットスキー

2021年、真冬の九十九里浜でサーフライドにチャレンジ! (水上バイク)ジェットスキー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バレンタインデーにジェットスキーに乗るサーフライドの達人たち。

2月14日 バレンタインデーの挑戦!

サーフライドの達人は、とにかく上手い!!

2月14日はバレンタインデー。といっても、この記事に浮いた話は全くない。
この日、九十九里浜でサーフライドの練習に参加させていただいたのだ。朝8時半にビーチに集合だった。時間よりも少し早めに来たはずなのに、到着したときには、すでに準備が始まっていた。

サーフライド(フリーライド)の中心的人物は、国内のフリーライドの第一人者、村尾 “DEVIL” 高明氏である。彼は、2000年のJJSFプロフリースタイル全日本チャンピオンでもある。現在は、フリースタイル、フリーライドだけでなく、ヴィンテージスキーでブイまわりにも挑戦している。
「もう、ウェーブライドに命懸けという時期は過ぎました。ジェットに乗るのもボチボチでいいかなって思っています」と言うわりに、毎週、水上バイク(以下、ジェット)に乗っているオールラウンドプレーヤーだ。
後進の育成にも力を入れており、「若い選手に、自分の知っていることを教えてあげたい。いろいろな意味で、ジェット乗りにとって良い環境を作ってあげたい」と話す。

しかし、彼ほど真剣にジェットに乗っているライダーいない。村尾氏の真摯な姿勢に共感した多くのライダーが、真冬の九十九里浜に集まっているのだ。

典型的な九十九里浜の波。この日、気温は低いが、最高にいい天気だった。天気がいいと気分も上がる! ゆっくりと大きな弧を描いて、村尾氏が空中を舞う。美しいエアターンは、まるでスローモーションのビデオを再生しているようだ。

サーフライドのメッカ・九十九里浜に集まる理由

ここ九十九里浜はサーファーの聖地である。一年中、大きな波が立つので日本全国からサーファーが集まってくる。普通、サーファーのいるビーチでは、ジェットの上下架はもとより、沖からやってくることすら禁止されているところが多い。ローカルルールを知らないジェット乗りが、「ここは入っちゃダメ」とサーファーに叱られている光景をよく目にする。
そんななか、マリーナ「サンセット」では、通年、ジェットに乗れる。ショップの前の砂浜はジェット専用なのだ。

サーフライドとは、波を使ってサーフィンのようにジェットのライドをしたり、大波をジャンプ台にしてエアリアルトリックを楽しむこと。
といっても、こんな海面は、普通、危なくてジェットになぞ乗れない。普通に立って走ることすら、初心者には無理である。普通にジェットでライディングを楽しむ分には、こんな大きな波は必要ない。むしろ、波を嫌がる人のほうが多いだろう。
とにかく最初は、間断なく来る波に対し、沖に出て行けないのだ。

今回、久しぶりに九十九里浜でジェットに乗らせてもらった。私なんぞは、村尾氏のようにエアリアルトリックができるわけでもなく、ただ海面を走っているだけなのに、平水面で走る5倍は体力を使うし、翌日は、間違いなく筋肉痛になる……。

高橋選手の高い高いバックフリップ。波をジャンプ台にすると、高く飛び上がれる。

波に巻かれると、ジェットと抱き合いながら海中をゴロゴロ転がっていく。波の中では、上下の感覚が消える。ひどいときには、波打ち際まで転がってようやく止まるのだ。洗濯機の中の洗濯物は、きっとこんな気分なのだと思う。転がっているあいだ、いろいろなところにぶつかっているのだろう。気が付けば体のいろいろな場所にアザができている。恐怖の罰ゲームだ。波の中を転がりながら「すまん、俺が悪かった……」とつぶやいている自分がいる。

転んだところに、容赦なく次の波が襲いかかってくる。早く態勢を立て直してジェットに乗り込まないと波に巻かれることは分かっている。波打ち際は、ジェット乗りを休ませてくれない最悪の場所なのだ。

村尾氏率いる「DEVIL FREE RIDE」の面々。


波が出ると喜ぶ人たち

ここでジェットに乗っている人は、「波がないとつまらない」という。たまに来て乗らせてもらう私には、さっぱり分からない感覚だ。波がない方が楽しいし、楽なのに……、と思うが、ここに来る人たちは、そんな “退屈な” ものを求めてはいないのだ。

モトクロスバイクが趣味だという勝山選手。ジェットもモトクロスバイクのように乗る。この海面なら、オフロードと同じだ。

人生初の大きなエアターンを成功させた高橋選手(写真左)。村尾氏とガッチリと喜びの握手。

波の中で転ぶ。それが問題なのだ! 平水面と違って、簡単には乗り込めない。乗り込もうとするたびに新しい波に襲われる。ようやく乗り込んで立ち上がったときには、すでに疲労困憊だ。

上手く波に乗れたときの楽しさも、平水とは比べものにならない。迫りくる波の音と、それと共に地面が動く感覚は、地球を感じる瞬間だ。しかし、そういう楽しい時間はすぐに終わってしまう。調子に乗っていると、谷底に落ちていく感覚も味わわされるはめになる。


神様、お願い!! チョット待って、30秒だけ波を止めて!

目まぐるしく変化する波の中を、機嫌よく走っているときは、すごく楽しい。しかし、急に視界が暗くなったと思うと、両サイドに大きな波のうねりが迫ってくる。左右を見ても波しか見えず、谷底のような場所を走っているときは恐怖しかない。
上を見上げて、ようやく空が見えて一安心するが、気がついたら波の一番高いところにいて、急降下する羽目になるのだ。
ひたすらジェットの後方に加重して、フロントを持ち上げるように走る。ものすごい勢いで降下する。何とか最悪の状況からは逃れられたが、異常に体力を消耗した。

以前これと同じ状況になったとき、アドレナリンが出まくっていたのか、フロントから真下に落下し、海底の砂浜にジェットがぶつかった衝撃だけは覚えている。そして、そこからクルクルと波に巻かれ死にかけた……。

ジェットとともに、波打ち際までゴロゴロと転がされ、ヨロヨロと立ち上がったときに気がついた。「今、自分は水深30cmのところで死にかけたんだ」と。

ウェーブライディングでいつも大変なのが、転んでから乗り込むときだ。波に巻かれ、ジェットにしがみつくので腕がパンパンになり、感覚がなくなる。なのに、素早く乗り込まないと次の波がやってくる。そういうときに限って、セルは回ってもエンジンがかからない。
神様、あと30秒だけ波を止めて! と、都合の良いときだけの神頼みは却下され、何度、涙を流したことか……。

四苦八苦して、ようやくジェットに乗り込む。このままビーチに戻ればいいものを、往生際の悪い私は、「これで普通に乗れるじゃん」と考えて沖に向かい、ドツボにはまるのだ。また転んで、さらに疲労し、再度乗り込む。乗り込んだら、ビーチに戻らず走り出してまた転ぶ。

最近になって、ようやく波に巻かれてもマシンを水没させなくなった。ジェットを貸してくれる村尾氏に迷惑をかけるケースが減ったことだけは確かである。

前から波がやってくる。エンジンよ、早くかかってくれ!

小さな波をひとつ超えるだけでも大変だ。沖に向かうだけなのに、どんどん体力が奪われる。

次から次へと波が襲ってくる! 早く態勢を立て直さなければ、また波に巻かれてしまう……。

疲れて休みたい気持ちは分かる。しかし、この場所で休憩したら、ろくなことにならない。さあ早く乗り込んで!

波は、簡単に人からジェットを引き剥がす。疲れた体に、この数メートルが永遠の長さだ。

サーフライドでは、どれだけしんどくても、こうやって勢いをつけてビーチに上げなければならない。そうしないと、すぐにジェットは波にさらわれてしまう。

お疲れさまでした。しっかりと走り終え、このビーチに自力で戻られた。ゆっくりと、動かぬ大地で休息を。

もう立てません……。ものすごく頑張りました。大丈夫、あとは仲間が何とかしてくれる。


中野選手は、56歳のフリーライダーだ

中野選手は、現在56歳。得意技は、バレルロールである。スーパージェットに乗っていたときは、「1万回はエアターンをやった」というほど練習したが、バレルロールはできなかったそうだ。
しかし、5年前にリクター(フリースタイルの神様といわれるリック・ロイが造ったマシン)を買い、乗った瞬間に「これでバレルが回れる」と、確信したという。それはなぜかと聞くと、「とにかくそう感じた」といい、その言葉通りバレルロールができるようになったという。

リクターに乗った瞬間、「バレルロールができる」と確信したそうだ。

有言実行、中野選手の完璧なバレルロール。

笑顔がステキな中野選手。

【写真】 サーフライドの達人たち

ベテラン・柏崎選手の美しいエアリアルトリック。

柏崎選手は、波に乗るのも上手い。

勝山選手のサーフライド。

太陽が沈み始める前にジェットを水洗い。塩分が強いので、水洗いにソルトアウェイは必須だ。片付けも楽しい。

DEVIL FREE RIDEメンバー。写真左から、中野選手、高橋(昌志)選手、高橋(信祐)選手、DEVIL村尾氏。


この記事では、あえて村尾氏のライドを掲載していない。世界でもトップレベルにある彼のライドは、3月10日公開のワールドジェットスポーツマガジン4月号にて掲載予定。美しいエアリアルトリックの数々をお楽しみに!


【関連記事】
優良ショップが教える、ジェットを長持ちさせるワンポイントアドバイス
2021 水上バイク国内全モデルラインナップ
2021年 BRP SEA-DOO(シードゥ)ニューモデル 国内全モデルラインナップ
2021年 ヤマハ マリンジェット ニューモデルラインナップ
2021年 カワサキ ジェットスキー ニューモデルラインナップ
良いジェットショップの選び方

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング