カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. BEGINNER
  3. 良いジェットスキーショップの選び方

良いジェットスキーショップの選び方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェットスキーを1円でも安く購入したいなら

とあるジェット専門店が、数年前に深夜営業をしていたときのこと。深夜といっても、営業時間は夜中の12時までだったそうだ。夜の10時を過ぎたあたりの遅い時間帯には、いろいろなお客さんから電話がかかってきたそうだ。

内容は、問い合わせというよりも、「相談に乗ってほしい」というケースが多かったというから興味深い。「ジェットスキーを始めたいのですが、最初に何をすればいいですか?」といった、ユーザー予備軍も結構いたという。

こうした電話は、全て店長が対応していたのだが、遠隔地からの電話も少なくなかったそうだ。「近所のショップに行ってみたものの、自分が欲しい機種とは違うジェットスキーを無理に勧められて困っている」といった、他店へのクレームまであったというから、店長の苦労がしのばれる。


販売店選びだけは、絶対に手を抜かない

「地元では、このくらい値引きしてくれるんだけど、おたくはいくら引いてくれるの?」という、ビギナーからの問い合わせも目立ったそうだ。とにかく、1円でも安く買いたいらしい。

そういうとき店長は、「ジェットスキーを安く買いたいなら、一番いい方法を教えてあげましょう。それは、あなたの家から一番近い場所にあるジェットスキーの専門店で買うことです」と、答えていたそうだ。近い店が、結果的に安くつく。「値段の裏に秘められた付加価値を計算しなさい」と、話して聞かせるそうだ。最初は、全員がキョトンとした声で聞いているが、理由が分かれば、納得して電話を切ってくれるそうだ。

ジェットスキーは、使い方が分からなければ、すぐに壊れる。電話でいろいろ聞くということは、ビギナーで何も知らないということだ。そんな人が、値段だけで遠隔地のジェットスキー販売店から買っても、結果的に高い買い物になる。一度や二度、説明を簡単に聞いただけで分かることは、たかが知れている。

他人が褒める販売店でも、自分とソリが合わなければ長い付き合いはできない。だから、こまめに足を運んで、実際にじっくり話を聞いて、人間性を確認してから購入するのが最も安い買い物になる。だからこそ、販売店探しに手を抜かないことが、この遊びを「後悔せずに、長く続けられる」最大の秘訣なのだ。

長々と書いてきたが、要するに「信頼できるジェットショップ」を見つけることが、ジェットスキーで楽しく遊べるかどうかの最重要事項と言いたいのだ。そして、その販売店は、自分の家から近いほうがいい。使い方を教わるのも、修理に持って行くのも、家の近くがいいに決まっている。


値段だけで販売店を選ぶと、大ケガをする

本誌の信頼している販売店は、それほど安くない。理由は、「お客さんの面倒を、しっかり見てくれる」からだ。編集部は、ものすごく安い販売店も知っている。しかし、長い年月で聞くと、結果としては、多少、購入するときに高くても、お客さんの面倒を見てくれるお店のほうが、顧客満足度が高いケースが多い。

ジェットスキーは、楽しいから買う。

楽しいレジャーイベントにたくさん参加したいから、ユーザー向けのイベントの多い店がいいとか、ツーリングを企画してほしいとか、レースに出場したいから、そういう経験の多い店がいいとか、フリースタイル系の店がいいとか、店員がみんな経験豊富で親切な人がいいとか、とにかくみんな、「楽しく遊びたい」という欲求にはキリがない。

楽しく遊びたいなら、妙な駆け引きをせず、自分の希望を率直に伝えて、それに対する販売店のアドバイスを熱心に聞いてから判断するのが大切なのだ。

口を酸っぱくして言うが、「はじめの一歩」は、お店選びから。ビギナーの皆さんは、キチンとしたジェットスキー専門店で、最初からしっかり遊び方や、ジェットスキーの取り扱い方法を教えてもらいましょう。

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング