カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. BEGINNER
  3. そのアンカーで大丈夫? ジェットスキーで使うアンカーの種類と選び方 ジェットスキー(水上バイク)

そのアンカーで大丈夫? ジェットスキーで使うアンカーの種類と選び方 ジェットスキー(水上バイク)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツーリングに出かけた上陸先、どうやってジェットスキーを係留しますか?

桟橋がない場合、アンカリングでの係留が一般的です

ジェットスキー(以下、ジェット)を係留するときに必要となるのがアンカー(錨)。特にランナバウトユーザーにとっては必需品です。
アンカーの第一の役割は確実に錨泊できるということです。しかし、形状や重さなど、さまざまな種類があって、どれを選べばいいのか悩むところですよね。それにはアンカーが持つ特性と、それに伴う長所や短所を理解しておく必要があります。

そこで今回、形状ごとのアンカーの特徴を説明していきます。
アンカーは、海底や川底の地形によって使う種類が変わってきますので、自分の遊ぶ場所に合ったものを選びましょう。

ジェットで使うアンカーは、主に4種類

水底の地形によって、使うアンカーの形状は変わってきます

  • マッシュルーム型
  • PVCコート型
  • フォールデング型
  • アンカーバッグ型

それぞれのアンカーの特徴を説明していきます。

マッシュルーム型

マッシュルームアンカー。重量:3.5kg、価格:5,000円(税抜)。(タイトジャパン

適応水底:砂地

重量タイプ。海底に引っ掛けるのではなく、アンカーの重さで留めます。
コンパクトな形状で、PVCコーティングされているので、ストレージボックスにも入れても傷つきにくいです。

ただし、丸い形状のため、海底の砂や石に引っかかることがなく、波や流れの速い場所では、流されてしまうことがあります。踏んづけて砂に埋没させると動きにくくなります。なるべく風や潮流のない場所で使用してください。


PVCコート型

ソフトコートアンカー。重量:4.5kg、カラー:レッド、ピンク、グリーン、イエロー。価格:5,000円(税抜)。(タイトジャパン)。

適応水底:砂泥、軟らかい土質

爪を海底に食い込ませることでホールドするタイプ。爪が十分に食い込めば、マッシュルーム型よりも強固な性能が期待できます。
全体にPVCコーティングがされているので、運搬時にジェットを傷つけることが少ないです。また、誤ってアンカーを踏みつけても、ケガをしにくいです。

しかし、マッシュルーム型よりも大きいので、持ち運びが少し不便かもしれません。


フォールデング型

フォールディングアンカー。重量:4.0kg、価格:6,000円(税抜)。爪は折りたたんで収納できる。(タイトジャパン)。

適応水底:岩場、軟らかい土質

爪の部分を傘のように広げて使用するタイプです。使わないときは、コンパクトに折りたたむことができます。
4枚の爪が大きく開くため、海底に食い込ませやすく、岩などにも引っかかりやすい。ただし、爪が引っかからないと、本来の性能が発揮できないので気を付けてください。

PVCコーティングではないので船体に傷がつきやすいため、ストレージボックスに収納するときは、タオルを巻くなどの予防が必要です。
水中では、岩などに引っかかっていない爪が上向きに出てしまうので、素足で踏みつけたらケガをすることがあります。混雑したゲレンデでは、人が歩いてこない沖でアンカリングするほうがトラブルになりません。


アンカーバッグ型

Kwik Tek PWCアンカー&ブイ。耐荷重:16kg、ブイ、大型スナップフック、ロープ付き。価格:4,300円(税抜)。(ユニマットマリン)。

適応水底:砂浜など、水深が浅い場所

上陸先の砂浜で、砂利や砂、石を詰めて使うタイプ。使い終わったら、袋の中身を出してしまえばいいので、収納場所に困らないという手軽さがあります。

弱点は、アンカーとしてすぐに使えないこと。袋の中に砂や石を入れている間、ジェットは誰かに抑えておいてもらうか、浮かべたままにしておくことになります。なるべく風や潮流のない場所で使用してください。

まとめ

最初にも書きましたが、アンカーの第一の役割は「確実に錨泊できる」ことです。アンカリングする場所の水深と底質、それにジェットの収納を考えて、アンカー形状を決めることが基本です。

上陸先から戻ってきたら、自分のジェットが流されていた、なんてことがないように、適切なアンカーを選んでください。

関連記事
どうして水深が浅い場所でエンジンをかけてはいけないの?
今さら聞けない「水洗いの基本」
どのメーカーの水上バイクが壊れないの?
初めてのトレーラーの選び方

 

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング