カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. LIFE
  3. 水上バイクで殺人未遂 「記者会見で明石市長に質問」人がいる公園でバットで素振りをしたら、殺人未遂? (ジェットスキー)

水上バイクで殺人未遂 「記者会見で明石市長に質問」人がいる公園でバットで素振りをしたら、殺人未遂? (ジェットスキー)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水上バイクの許せぬ振る舞い! 世間から「悪のターゲット」に!

この夏、水上バイクが危険走行している映像が、メディアで多く流れた。兵庫県明石市の報道では「殺人未遂の罪で書類送検される」などのショッキングな見出しもあった。

つい先日も、「“危険”水上バイク集団 茨城と逗子でも…明石再び(テレ朝NEWS)」という報道があったばかりだ。

特に茨城県での映像では、「しじみ漁」をしている小舟の横を、12台の水上バイクが通り過ぎていく映像が流れた。
ナレーションでは、「まるでレースをしているかのように、次から次へと猛スピードで走り抜けていく、水上バイクの集団。映像で確認できただけでも、12台の水上バイクが白波を立てながら進んでいきます」と言っていた。

こんなことを書いたら、「悪質水上バイクを擁護するのか」と、猛抗議を受けるかもしれないが、映像で見た水上バイクの集団は、レースのようなスピードを出してはいない。ある程度はスピードを落として走っており、決して「レースのように走っている」わけではなかった。しかし、世間から見れば「悪意のレース」である。

問題は、最徐行をしていないこと。「12台分の”引き波は、絶対に悪”」なのだ。
他の船がいるときは、「これでもか!」というくらいの低速度(絶対に迷惑のかからないアイドリング速度)で、引き波を立てない配慮が必要であった。

映像を見た後に“わき上がる”怒りの気持ちと、水上バイクに対する嫌悪感

やるせない映像だ。高性能の水上バイクが、一生懸命しじみ漁をしている人に迷惑をかけている。見ていても腹立たしい限りだった。

この「しじみ漁の横を走る大勢の水上バイク」の動画が撮影されたのは、今年7月。場所は、茨城県の涸沼川だ。
先頭を走っていた水上バイクは、「自分の引き波」がどれだけ漁船を危険に晒しているのか理解しているのだろうか? そして、12台もの水上バイクが通り過ぎたら、どれほどの引き波が立つのか考えたことがあるだろうか。恐らく、知らないで走っているのだろう。

地元漁師は「漁師は皆、気を付けているから転覆はしないですけど。スピードあるし、波が高くなっているから、それが一番怖い」と語っていた。

水上バイクを擁護する気はないが、「しじみ漁の船のわずか数メートルの距離を走って……」と言われているが、川幅から考えたら、漁船との距離が言うほど不適切なわけではない。問題なのは、水上バイクが通ることによってできる「引き波」が、多大な迷惑をかけているということだ。

水上バイクは「最徐行すべき」場面である。事実、そのときのニュース映像の中には、キチンと徐行して、通り過ぎていく水上バイクも映っていた。しかし、マナーを守って「最徐行」している水上バイクですら、「引き波」は出来るのだ。最徐行しても引き波は立つのだから、12台も通るなら、よほど注意深く走らなければならない。

「マナーの悪い水上バイク」のイメージが膨らみ続ける世の中では、「他人から見て危険ではない」が求められる。あの映像の水上バイクも、先頭を走る人が細心の注意で走るべきだったのだ。

「水上バイク=悪」の記事は、日々、アップデートされる

最近の水上バイク関連の報道には共通点がある。
「最新の映像」に、「過去に放映された悪い行為」の映像を重ね合わせて放映されることが多い。
今回の「しじみ獲り」の映像の後に、ひと月以上前の、7月末に明石市であった「海水浴客のスレスレを通り抜けていく、水上バイク」の映像が流されていた。

自動車で例えると、「前日に起きた茨城県の”ひき逃げの映像”に、ひと月前の明石市の”交通事故の映像”が、繋げられて一緒に流れているのと同じである。こんな映像ばかりだと、「クルマは社会悪」以外のナニモノでもなくなる。「世の中からクルマをなくせ」という声が上がるのは当たり前だ。

しかし、実際には、そんな映像が流れることはない。水上バイクだけが、「現在の映像と、過去の映像」を一緒くたにされている気がする。

これからも「悪質な水上バイク」の映像は増え続ける?

7月末の明石市での水上バイクの危険運転に対し、明石市長が「水上バイクの運転者を殺人未遂容疑で刑事告発」した。明石市の市長を含め、告発する側は、世の中から諸手を挙げて歓迎され、「正義の味方」のように称えられる。

ここで、「明石市の殺人未遂」や、「茨城県の12台の水上バイクによる爆走」を庇うつもりはない。しかし、映像だけで「悪」だと決め付ける社会は恐ろしいと思っている。
キチンと現場を知らないと、映像だけの判断などあてにならないことも知っている。映し方次第で、距離感などは全然違って見える。「近くを通った」が、実際は「十分に離れていた」というのはままあることだ。
以前にも、テレビのニュースで「海水浴場を走る悪質な水上バイク」として放映された事件が、書類送検の末、無実だったこともある。

人が集まっている中で、バットで素振りをしたら、殺人未遂になるのか? 刑事告発に関して、記者会見で明石市長が答えた

今回の明石市の「殺人未遂による刑事告発」に関して、明石市の記者会見でも議題として取り上げられていた。

記者 「この場所は一般の方が海水浴をする場所なのか、また水上バイクも普通に使っていいところなんですか」

市長 「まず、今回当該報道されている場所につきましては、明石市が海水浴場を設営している場所ではありません。基本的には海は自由ですから、泳ぐのはそれぞれの方のご判断にならざるを得ない面はありますが、市としてはそこは危ないですよという働きかけは今後していきます。(略)」
と答えているように、その場所は、水上バイクが走ることに何の問題もない場所だった。

さらに質疑応答は続く。

記者 「容疑事実の関係ですが、何人か泳いでいる人がいる中でかなりのスピードで水上バイクが走り、その中の最も大きなシーンでシュノーケルの潜った直後だったというような、全体状況を言葉で説明いただきたいんですが」

市長 「基本的には水上バイクを接触しうる状況を認識しながら、接触したことによって人が死亡する可能性というものをまさに予見できる状況でありながら水上バイクを走行させた行為が、いわゆる構成要件上刑法199条における殺人の実行行為に当たると、その行為に対する認識があるので未必の故意がありということで基本的に良いと思います」

続けて、

記者 「法律論はそれでいいんですが、映像で見たあの状態の中で市長として告発まで踏み切った内容ですが、その中の際立った所はどこだったんですか」

市長 「やはりシュノーケルで潜った後、走ったところが一番です。あれがもし当たってたら死んでいたと思いましたので。運転していたものは、もしかしたら見えていなかったこともありえますので、そういうものは子供の飛び出し事故などの死亡事故といつも論点になります。(中略)過失は日本の刑法上は原則罰しないので結局法体系上谷間なんです、これらの危険行為が。事故が起こって初めて色々な部分が出てくる法体系になっているので、今回なんかは一番谷間の論点だと思います」

記者会見の内容はもっと長いので割愛しているが、非常に興味深く読んだ。全部を読んで感じたのが、これは、世間に対する見せしめなのだな、ということだ。

記者から「未必の故意とおっしゃいましたが、例えば人が集まっている中でバットで素振りをしたら、殺人未遂になるかといったらならないです。バットに当たれば人が死ぬかもしれない、怪我をするかもしれないと思ってやった場合、それが殺人未遂に当たるかというと当たらないですね」と質問が出たが、今回の告発については、まさにその通りだと思った。

そう言うと、「悪質な水上バイクを擁護するのか」と、猛反撃にあう。自分が「正義」だと信じ、違う意見を受け入れない社会が恐ろしいとも思うのだ。本当に危険運転だったのか、違うのか、告訴されたばかりなので、この結果がどうなるかは分からない。

出典:明石市、記者会見(水上オートバイ~緊急対策~危険運転は許さない)

マナーを守って、水上バイクに乗る人は、くれぐれも気を付けて!

今、マナーの悪い水上バイクの映像を流し、それを「叩く」人は、世の中で賞賛される傾向にある。これは「悪質な水上バイク」がいるからこそ起こる社会現象だ。最初は明石市長で、次は逗子市の市会議員による撮影であった。

だからこそ、善良なジェット乗りの皆様は、これまで以上に注意深くマナーを守って走り、「悪意ある撮影」にはご注意をと強く言いたい。


【関連記事】

「水上バイクが岸壁に衝突」淡路の3人死亡事故!今は何を言っても叩かれるが、”全部悪い”は絶対に”違う”!多発する、ネガティブなニュース報道に要注意!


ジェットは爽やかなスポーツだ。


水上バイクが岸壁に衝突」淡路の3人死亡事故!今は何を言っても叩かれるが、”全部悪い”は絶対に”違う”!多発する、ネガティブなニュース報道に要注意!

 

【関連記事】
2021 水上バイク国内全モデルラインナップ
2021年 BRP SEA-DOO(シードゥ)ニューモデル 国内全モデルラインナップ
2021年 ヤマハ マリンジェット ニューモデル
2021年 カワサキ ジェットスキー ニューモデル
またもや迷惑行為が問題に! 海水浴客のすぐ近くで「暴走水上バイク」の報道
今年はジェットスキーが人気! コロナでゲレンデが盛況!? 見られています!

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング