カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. RACE
  3. ジェフ“神風”カーンツを知っていますか? 昔から「X-2フリースターラー」の神様的存在だった! その影響力は世界でNo.1!? 「水上バイク」ジェットスキー

ジェフ“神風”カーンツを知っていますか? 昔から「X-2フリースターラー」の神様的存在だった! その影響力は世界でNo.1!? 「水上バイク」ジェットスキー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伝説のX-2フリースタイラー「ジェフ“神風(カミカゼ)”カーンツ」って誰?

当時、「世界一エキサイティングなフリースタイラー」と呼ばれていた

アメリカ人フリースタイラー、ジェフ・カーンツをご存じだろうか? 彼のトレードマークと言えば、「神風」と書かれたハチマキ姿。

X-2を駆り、世界タイトルを何度も獲得しているトップフリースタイラーである。1959年7月、ペンシルバニア州生まれで、“カミカゼ”と名乗るだけあってかなりの日本通。
好きな食べ物は「寿司」だという。アメリカンジョークか本心か、座右の銘は「Safety First(安全第一)」というから、かなり洒落の効いたフリースタイラーである。


1980年代後半~1990年代初頭のフリースタイルといえば、レースの合間の昼休みにトップライダーが行う「ファンサービス」的な要素が大きかった。

現に、1980年代のフリースタイルチャンピオンには、ラリー・リッペンクローガーやデヴィッド・ゴードンといった、当時のトップライダーが名を連ねていた。


1990年代に入ると、スコット“ハリウッド”ワトキンスやロイド・バリュー、クリス“クラッシュ”ウイリアムズ、そしてジェフ“カミカゼ”カーンツを始めとする、フリースタイル競技のみに出場するフリースタイラーが現れる。

彼らのような「専門職(と当時の雑誌には書かれていた)」の登場により、フリースタイル技は飛躍的に進化していった。

カーンツは、X-2で行うバックライドやバイシクルといった、今でもX-2フリースタイラーが行う技も得意としていた。

1993年のワールドファイナルでは、会場を横切るモーターボートの曳き波をジャンプ台にして、空中で1回転するエアリアルトリックをやってのけ、ワールドチャンピオンを手中に収めている。
とにかく彼は、ギャラリーを喜ばせる「プロ」だったのだ。

1990年のジェットスキー世界選手権大会(現ワールドファイナル)での“カミカゼ”カーンツの演技(出典:JET DREAM.1990.Vol.26)

これが「バイシクル」という技。(出典:JET DREAM.1992.Vol.45)

1990年代中ごろになると、フリースタイルの神様と呼ばれたリック・ロイが登場。一世を風靡した「バレルロール」を競技会で初めて成功させた。フリースタイルはレースの片手間で出場できるレベルを超えていた。

ヤマハのスーパージェットで華麗に空中を舞うエアリアルトリックが主流となり、リック・ロイをはじめ、エリック・マローン、リー・ストーンといった錚々たる面々がフリースタイル界を牽引していった。

しかし、X-2で行うフリースタイルは、“カミカゼ”カーンツで時が止まっている。カーンツ以降、X-2でフリースタイルをする選手が減ったこともあるが、彼を超えるスーパースターがいないのだ。

日本では、進藤邦裕、大塚裕之、植木將夫など、X-2で時代を作ったフリースタイラーもいるが、それはあくまで日本限定。カーンツのように、世界的なライダーの域には達していない。

今でも、カーンツを目標にしているフリースタイラーが多いのも事実である。

1992年のワールドファイナル。(出典:JET DREAM.1992.Vol.44)

伝説のフリースタイルHow Toビデオ「TRY DIVE(トライダイブ)」のパッケージにもなっている「リック・ロイ&ジェフ・カーンツ」のコンビ技の別カット。(出典:JET DREAM.1995.Vol.80)



【関連記事】
ジェットスキーに誘われたとき、女の子が持っていくと便利なもの 持ち物
水遊びに最適! 安全に水遊びできる子供用ウェットスーツ
2020年水上バイク全モデルラインナップ
今年は何を着る? 2020年 最新ウェットスーツセレクション
嘘だろ!「ハイオクガソリン、どこで買っても中身が同じ!?」
初めてでも失敗しない 中古艇の探し方、選び方

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング