カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. RACE
  3. 日本で初めて世界を獲ったフリースタイラー (水上バイク)ジェットスキー

日本で初めて世界を獲ったフリースタイラー (水上バイク)ジェットスキー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で初めて世界を獲ったフリースタイラー「藤澤正雄」

世界中のフリースタイラーが憧れた「藤澤バレル」

フリースタイラー・藤澤正雄選手を覚えていますか?
2003年に、日本人で初めてフリースタイルの世界チャンピオンになった伝説のフリースタイラーです。

彼は、日本のフリースタイル界、最大の功労者と言っても過言ではないでしょう。彼の繰り出す、高く美しく鋭い回転のバレルロールは「藤澤バレル」と呼ばれ、誰にも真似できないものでした。あの時代、藤澤選手に憧れて、フリースタイルを始めた人は多いはずです。国内でも圧倒的な実力の持ち主でした。

現在の藤澤氏は、大ケガのためフリースタイルの世界から完全に離れているので、彼の姿を見ることはありません。
今だから、フリースタイル界に偉大な足跡を残した「藤澤正雄」という選手について、語ってみたいと思います。

藤澤正雄選手(2008年6月、湘南にて)。

「アメリカ圏の選手でなければ勝てない」といわれた当時の常識を覆した演技

フリースタイルという競技について簡単に説明すると、もともと全米ツアーのレースの昼休みに、スーパースターと呼ばれたレーサーたちが始めたギャラリーサービスでした。もちろん、今のような専用フリースタイル艇もなく、レース艇でサブマリンやウィリー、ジャックナイフなどの技を披露して観客を楽しませていたのです。

1990年代中ごろ、フリースタイルの神様と言われたリック・ロイが平水面でのバレルロールを完成させ、空中回転技が主流となりました。フリースタイルはレーサーによる余興ではなく、専門の選手による専門のカテゴリーとなりました。
しかし、カナダ出身のリック・ロイ、アメリカ出身のエリック・マローン、ブラジル出身のアレッサンダー・レンジといった、ごく一握りのスーパースターたちの演技しか、見るべきものはなかったという人もいます。

フリースタイルという採点競技の特性上、ビジュアルも重視されていました。映画俳優のトム・クルーズに似た、イケメンで長身、実力も兼ね備えたリック・ロイに人気が集まるのも頷けます。

1998年にリック・ロイが一線を退き、代わってエリック・マローンがフリースタイル界のトップに君臨しました。
エリック・マローンは、ワールドファイナルが行われるレイクハバスの住人で、過去に4度もフリースタイルの世界チャンピオンに輝いている絶対王者。ましてやアメリカ人は、アメリカ以外の選手が勝つことを良く思わなかったため、アメリカ圏の以外の選手に高得点が付くことが稀でした。日本人が世界チャンピオンを獲得するなど、誰も予想していない時代でした。

それを覆したのが、「藤澤正雄」選手です。
2003年、敵なしのエリック・マローンを倒したのが、身長164cmの小柄な日本人。
しかも、決勝では同点の首位で、プレーオフの演技でエリック・マローンを破ったのです。

快挙という以外、何ものでもありません。

2003年、世界を獲ったワールドファイナル。写真左上:ファーストトリックのノーハンダーランダーを完璧にメイクし、ギャラリーから歓声が上がった瞬間。右下:死闘を演じたエリック・マローン選手。

完全アウェーのなか、圧倒的な演技でギャラリーを沸かせた

当時、タイトルを獲得した藤澤選手へのインタビューを抜粋します。

最もオーディエンスを興奮させ、楽しませ、沸かせた者が勝者だと思っています

WJS 今大会、5度目の世界への挑戦でしたが、ワールドファイナルに懸ける意気込みはいかがでしたか?
藤澤 普段どおり、極度の緊張もなく納得した演技です。リラックスしていました。マローンや(アレッサンダー・)レンジの演技を見なくても、今回は、勝てるだろうと思っていました。

WJS 決勝では、納得の演技ができたのに、採点はエリック・マローンと同ポイントでしたよね?
藤澤 正直に言うと、自分の演技に自信があっただけに不満でした。同点決勝で再戦して、「接戦の末、アメリカ人のマローンが勝ちました、みたいな筋書きになっているのか……」とも考えてしまいました。

WJS 同点決勝の場合、コイントスで出走順を決めます。コイントスで藤澤選手が勝ったのに、なぜ先に出走したのですか? 普通なら、後に演技したほうが有利ではないですか?
藤澤 そうですね。通常なら、相手の演技を見た後で出走するのがセオリーだけど、僕にはそんなの関係なかった。「自分の最高の演技」をするだけ。プレーオフの演技時間は、決勝の半分の1分間しかないので、決勝ときの演技を凝縮させたように、思いっきり行きました。

WJS ジャッジについては不満がありましたか?
藤澤 全くないです。フリースタイルは、ギャラリーを沸かせてナンボ、楽しませてナンボ。僕には、「採点方法に合わせた演技をする」という考えなど全くありません。審査員の方も、ギャラリーの一部だと考えています。だから、最もオーディエンスを興奮させ、楽しませ、沸かせた者が勝者だと思っています。このとき、何度、同点決勝になっても、勝つまで何度でも飛べばいいと思っていました。

同等の演技なら、アメリカ人のエリック・マローンに勝てるはずはありません。いかに、藤澤選手の演技が、他を寄せ付けなかったかが分かるというものです。

2003年に勝つまでに、4度、ワールドファイナルにチャレンジし、5回目の挑戦で世界チャンピオンに輝きました。
彼の勝利は、レース、フリースタイルを問わず、日本中のジェット乗りに夢と希望を与えてくれました。世界タイトルを獲るために超えなければならない、「アメリカ人の壁」を実力でねじ伏せ、獲得したタイトルは永遠に讃えられるべきものだと思います。その後、世界で活躍する日本人の道筋を作ったことに間違いありません。

世界タイトルまでの挑戦の軌跡

  1. 1999年 優勝 エリック・マローン、4位 藤澤正雄
  2. 2000年 優勝 エリック・マローン、圏外 藤澤正雄
  3. 2001年 優勝 アレッサンダー・レンジ、3位 藤澤正雄
  4. 2002年 優勝 エリック・マローン、2位 藤澤正雄
  5. 2003年 優勝 藤澤正雄、2位 エリック・マローン

世界中のフリースタイラーが憧れた、魂の「藤澤バレル」。

【関連記事】
新しいマリン用ガラスコート新発売 ユニマットプレシャス
ジェット乗りの万能アイテム・ツアーコート
ジェットスキーコラム 「格好良い」って何?
ジェットスキーコラム こんなご時世に言うのもなんですが……
ジェットスキーコラム 春の勘違い

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング