カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. FASHION
  3. 万能アイテム・ツアーコート ジェットスキー(水上バイク)

このコートの良さを分かっているのは上級者の証

「ツアーコート」は、着ているだけで「玄人感」がバリバリ出ます。これは、ツアーコートが「使えば分かる」という特殊なアイテムだからでしょう。あれば便利だけど、持っていなくても不自由はしない。でも、1度使ったら手放せない。

「夏しか乗らないのに、コートなんていらないでしょ?」と、ビギナーほど言います。でも、上級者はその快適さを分かっているから、夏でも必ず持っています。考えてみれば、面白いアイテムですね!


水辺の万能アイテム
これがあれば急な温度変化も平気

皆様、ツアーコートを使っていますか? ジェットユーザーにとって、これほど万能に使えるアイテムはありません。その証拠に、上級者やベテランになるほど、必ずといっていいくらい持っています。

これには理由があります。ツアーコートは、ウェットスーツと同じ、ネオプレーン素材でできていることが多いので、濡れても、水の中に入っても、全然、平気。これが、他のコートとは全く違う要素です。当然ですが、いくら暖かくても、羽毛のコートでは水に入れません。水上バイク(ジェットスキー)は、アウトドアスポーツです。自然が相手なので、いつ何時、天候が変わってもおかしくありません。同じ1日でも、朝と晩では、気候も気温も違います。


ライフジャケットの上から着るか、下に着るか。
それが問題だ……。

そんな、天候や気温の変化に、最も柔軟に対応できるのが「ツアーコート」なのです。個人的には、ウェットスーツやドライスーツの上にライフジャケットを着て、その上からツアーコートを羽織るのがスマートだと思っていました。

でも、ツアーコートの中にライフジャケットを着ていると、外から見たら、ライフジャケットを着用しているか分かりません。もし、ツーリングの最中に海上保安庁の巡視艇に遭遇したら、ライフジャケットを着用しているか、その都度、呼び止められるかもしれません。自分の中では、「あまり格好がよくない」と思いつつも、そういう場所を走るときは、あらかじめツアーコートの上からライフジャケットを装着していました。

しかし、知り合いのプロレーサーが、ツアーコートの上からライフジャケットを装着している姿を見たとき、「それも悪くないな」と思い、少し驚いたのです。もちろん、全身のシルエットや、ツアーコートのデザインがキチンと見えるほうが素敵だと思います。でも、あえてツアーコートの上からライフジャケットを着ている姿を見て、「彼は、分かっている人だ」と感じたからです。


着たままジェットスキーに乗れる
KOOTA LONG COAT

膝まであるロング丈で、保温性のあるネオプレン素材を採用。フロントは、着たままジェットスキーに乗れるように、下は開いている。防寒具としても使用できる。

価格:21,000円+税
カラー:BLACK
サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL
取り扱い:BROI(クエーキーセンス)


 関連記事
ウェットスーツを着る本当の理由 ジェットスキー(水上バイク)
ドライスーツは世界を変える ジェットスキー(水上バイク)
グローブはサイズにこだわる ジェットスキー(水上バイク)

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング