カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. TOURING
  3. 「カンナム スパイダー」で走る真冬の”知多半島”ツーリング! 注目度ナンバーワンの三輪トライクで見つめる人々を魅了する! BRP Can am SRYDERジェットスキー(水上バイク)

「カンナム スパイダー」で走る真冬の”知多半島”ツーリング! 注目度ナンバーワンの三輪トライクで見つめる人々を魅了する! BRP Can am SRYDERジェットスキー(水上バイク)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三輪トライク「Can-am SPYDER(カンナム・スパイダー)」でツーリング

この記事は、スパイダーでツーリングに参加した私の体験記である。

主催者であるシーゲッツは、愛知県尾張旭市のジェットショップだ。
ジェットスキー(以下、ジェット)やスパイダーを販売する愛知県の優良店。日本屈指のスパイダーの販売台数を誇るプロショップだ。代表の西本茂隆氏は、元ジェットのプロレーサーで、スノーモービルの達人。西本氏自身もスパイダーを所有し、楽しさを知り抜いている。自分が乗るからこそ、ユーザーに有益なアドバイスができるのだ。

2021年1月3日、シーゲッツ主催の「カンナム・スパイダーツーリング」にお邪魔させてもらった。この記事は、スパイダーでツーリングに参加した私の体験記である。ジェットのツーリングと共通する部分と、全く違う部分の両方を味わった。いまだかつてない、スパイダーツーリングの楽しさを伝えたい。

街ではいつも、超注目!

写真に写る男の人。見ず知らずの赤の他人だ。街ではいつも見られている。スパイダーには見つめずにいられない何かがあるのだ。
今季の冬は、カンナム・スパイダーに夢中だ。ジェットと同じくらい、ガンガン乗っている。スパイダーで街を走っていると、どこに行っても見つめられる。信号で止まるたびに視線を感じる。
私ではなくスパイダーを見ているのだが、自分がヒーローになったと錯覚しそうになる。スパイダーは、それほどカッコいい乗り物なのだ。

ハンパではない存在感!

タダモノではない、佇まいに心がトキめく。

【関連記事】
BRP Can-Am SPYDER(カンナム スパイダー)最新テクノロジー満載! こんなに目立って、こんなに高性能
【動画】BRPカンナム スパイダーの「走り」は快楽だった! 衝撃の最高速! 最高時速200km/h(海外撮


よく聞く悪口!攻めてから、言って!

スパイダーの限界値は非常に高い。注目すべきはオーバースペックとも思える秀逸な足回り。重量464kg、115馬力、1,330cc、DOHC 4バルブエンジンを搭載。ブレンボ製アンチロックブレーキに、ショックアブソーバーは「カヤバ」。超一流ブランドの電子デバイスが搭載された三輪スーパーカーなのだ。

数千万円もするスーパーカーと同じ仕様の足回りなのに、車両重量は半分。限界値の高さを理解しないで、普通に乗れば少々退屈。マシンポテンシャルを引き出せたら、これほど面白い乗り物はないのだ。「安全すぎて眠くなる」は限界を理解していないから。

なぜか、乗る人が笑顔になるのだ!

新春・極寒の「スパイダーツーリング」なのに、参加者はみんな笑顔だ!何が、そんなに楽しいの?

年頃の、可愛い娘が、喜んで乗る!

写真左:シーゲッツ代表の西本茂隆氏。右:西本氏の愛娘。美人の女性を後部座席に乗せていたので、最初は、皆に「カップルか?」と聞かれていた。そのたびに「そんなわけがないだろう」と、溶けそうな顔で答えていた。
他の参加者でも、親子で参加している人は多い。カップルと間違われ、他のおじさんライダーから、うらやましがられる親子がほかにも何組もいた。
「スパイダー」という乗り物は、こんな綺麗な年ごろのお嬢さんが、嫌がらずに、丸一日、後部シートに座ってくれるのだ。乗り物の魅力、恐るべしである。

スパイダーの良さは「後部座席に乗る人も喜んでいる」こと!

小学生男子のど真ん中の乗り物。まさにパパはヒーローなのだ。

出発前に聞いた、お父さんは、スーパーヒーローだって!

「スパイダーに乗る父親を子供が好き」なのは見ていて分かる。真冬なのに、親子での参加が多い。

秘密兵器だ!

高性能ヘッドフォンとインカムを装着(写真右)。

ツーリング開始だ!

9時30分 シーゲッツ出発。ワクワク・ドキドキの始まりだ。

本日の予定・冬のカンナム・スパイダーツーリング

9時30分 シーゲッツ出発
10時30分 知多半島道路・阿久比PA休憩(他の参加者と合流)
11時30分 魚太郎で昼食
13時30分 出発
15時30分 大府PA解散

規則正しく!美しく!

長い列の集団が知多半島を目指す。規律良く、一列で走ると暴走族には見えないから不思議だ。

東京から、朝4時に出ても行きたいツーリング

集合時間は午前9時。それに間に合うために、東京を朝4時に出発した。
日本の場合は最高速の規制があるので無理だが、スパイダーは、その気になれば時速約200km出る。

走りが楽しいのは、十分に分かっているつもりだった。しかし、大の大人がわざわざ集団で走るという意味が分からなかった。
今回、生まれて初めて、スパイダーの集団の中で走った。そこで、初めて知った喜びがある。私と同じようにスパイダーを「素晴らしい」と思っている仲間と走る素敵さだ。
スパイダーの長い行列は、ある意味、壮観だった。

朝、東京から330km離れた名古屋まで、1人で走って来たのに、集団で走るほうが明らかに緊張した。それでも、皆で走るツーリングは楽しかった。頭の中で理解することではなく、「体で感じる楽しさ」なのだ。
ますますスパイダーが好きになった。

最後尾を走っていると、道路が下ったり、上ったりするだけでスパイダーの行列が全て見える。
エキゾーストノートも聞こえる。

壮観で、圧巻の光景だった。その中を走るのは、とても気分が良い。
スパイダーは車幅が広いので、1車線に1台ずつ。こんな、規則正しい暴走族はいない。
自分が大人の集団にいると感じる。

最後尾から見ると、こんな感じ!

サービスエリアで休憩。

スパイダーだらけの、不思議な光景!

スパイダーが集まれば、カスタム品評会になる。

それぞれのコダワリ!

スパイダーはカスタムパーツが多いので、皆、自分だけのカスタムを施している。

大人を感じる、ツーリング!

スパイダーは車幅が広いので、1車線に1台ずつ。こんな、規則正しい暴走族はいない。自分が大人の集団にいると感じて気分が上がる。

ランチタイムは、好きなものを好きなだけ食べる

11時30分 知多半島のバーベキュー専用レストラン「魚太郎本店」到着。
ここでは、海鮮や肉類など、80種類以上の新鮮な食材が用意されている。入場料500円を支払い、中で好きな食材を買うシステムだ。

皆、揃って、記念撮影だ!

大人数でも密にならない。でも絶対、料理にはコダワリたい

知多半島のバーベキュー専用レストラン「魚太郎本店」でランチタイム。このご時世、食事場所を決めるのが結構大変だ。でも、料理に妥協は禁物!

「好き嫌い」があっても、大丈夫!

バイキング方式は、超優れたシステム。

入場料500円を支払い、中で好きな食材を買う。海鮮や肉類など、80種類以上の新鮮な食材が用意され、それを焼く炭やグリルも自由に使える。80種類以上の食材、料理は和洋、イタリアンなんでもござれだ。大人数でも大満足。やるな! シーゲッツ。

良い店は、サバキが上手い!

テキパキと指示を出す西本氏

お店選びはセンスだ!

ショールームに並ぶお洒落なアイスクリーム。これには参加した女性陣も大喜び。お店選びも、ショップの力量である。

食べ過ぎに注意!

食材は、豊富でどれも安い。空腹のときに選ぶと、つい買いすぎてしまう。

マグロよ、そんな目で俺を見るな!

マグロが「食え!」と呼んでいる。

食材を見て、焼き上がりを想像するのだ!

皆、笑顔。考えるのは、「何を焼くか」だけ。

さあ、食らうぞ!

肉もネギもソソる。1番気を使って、準備をしてきたショップ店長が、最も楽しそう! これが大切! 皆も余計に楽しくなる。

炭は、魔物だった!

スパイダーで真冬のハイウェイを飛ばしてきた体に、このバーベキューはヤバい! 美味すぎでしょ。

同じ、釜の、飯を、食う!

同じ網で焼いた人と、食べ終わるころには友人になっているから不思議だ。

大満足だ!!

嬉しそうに、焼き上げた魚を見せてくれる。夢中で食べる!

 

嬉しい!炭に、火がつくのが早い!

バーベキューの難点は、ちょうどいい火になるまでに時間がかかることだが、最初から準備されているので全てが早い。お腹が膨れるのも、満腹になるのも早い。

さあ、もう一度、風になる!

お腹も膨れたし、これから海沿いの素敵な道路を走るのだ。

自慢の、スペシャル・カスタムだ!

ETCが標準装備は当たり前。スペシャルなカスタムパーツでフル装備されている。

スペシャル・ヘルメットだ!

ペイントが施されたヘルメット。内側に航空機用専用のインカムが装着されている。例えば時速100km/hを超える速度で走っていても、普通に話ができるという。もちろんヘッドフォン内蔵で良質の音で音楽が聴ける。

幸せの理由!

灯台の向こうに見える海、良質の景観。仲の良いご夫婦。そして我が相棒・スパイダー。

真冬の祝日なのに!

夫婦でも、友人同士でも、スパイダーで走ればハッピーday。

役得!!

いくらお父さんが好きでも、こんな可愛いお嬢さんが、真冬に一日中、後部座席に座ってくれるワケがない? スパイダーの魅力が素晴らしいから居てくれるのだ。

「任さんかい!」

 はい。なんかイイ感じ!

笑顔が、こぼれる!

どこを見ても笑顔しかない。

同じ趣味!嗜好!

スパイダーが好きな人の集まり。彼らに囲まれてその中で走るのは、思いのほか楽しい。

子供の夢!

スパイダーに乗る父は、ある年代までの少年にとって、間違いなくスーパーヒーローなのだ。
私の会社の近くに小学校があるのだが、下校時間にスパイダーで通りかかると、明らかに彼らは興奮しているのだ。私を、ヒーローか、仮面ライダーと間違えている。大人数で取り囲まれることもある。



楽しい1日、ネタばらし!

食事をした「魚太郎」を13時30分に出発し、15時30分に大府PAで解散した。楽しい時間は、あっという間に終わった。渋滞もトラブルも全くない快適な1日だった。
それもそのはず。前日も含めて、ツーリング前に2回も下見に来ているそうだ。選ばれるショップには、理由があるのだ。

関連記事

【動画】衝撃の最高速!2020 BRP Can-Am SPYDER RT(カンナム スパイダー)の「走り」は快楽だった!
BRP Can-Am SPYDER(カンナム スパイダー) 最新テクノロジー満載! こんなに目立って、こんなに高性能
【関連記事】「BRP Can-Am Ryker(カンナム ライカー)」インプレッション ちょい乗りするにも最高な自慢の相棒、こんなにワイルド!」
優良ショップが教える、ジェットを長持ちさせるワンポイントアドバイス
2021 水上バイク国内全モデルラインナップ
2021年 BRP SEA-DOO(シードゥ)ニューモデル 国内全モデルラインナップ
2021年 ヤマハ マリンジェット ニューモデルラインナップ

2021年 カワサキ ジェットスキー ニューモデルラインナップ

2021年 SEA-DOO ニューモデル「RXP-X 300」【試乗記】乗って驚いた!今までにない革新的なレーシングモデル

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング