カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. BEGINNER
  3. 初めてのジェットスキー(水上バイク)上級者編 [5] ジェットスキーを水からトレーラーに上げるまで

初めてのジェットスキー(水上バイク)上級者編 [5] ジェットスキーを水からトレーラーに上げるまで

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上級者編「ジェットスキーを水からトレーラーに上げるまで」

西本店長は自分のお客様には
この方法はやってはいけません」と言っています

これは本来、優良ショップで購入した人だけが聞けるジェットスキーを壊さない遊び方の秘訣です。
今回は、「ジェットスキーを水からトレーラーに上げるまで」の上級者編です。ジェットスキーの扱いに慣れた人でも、この方法でトレーラーに乗せるときには、細心の注意を払いましょう。
ジェットスキーに乗ったまま作業する人は、極力、「楽をしたい」と思っているかもしれません。しかし、そう思っていると、トラブルが起きやすい。むしろ、いつでも水に入り、ていねいにジェットスキーを扱うことを心がけましょう。

まわりの状況を良く確認して、浅瀬に気を付けながらトレーラーに近づく。

ジェットスキーに乗ったまま、水からトレーラーに上げるときの事故は、ほとんどがこのときに起こる。キチンとトレーラーの真ん中に進めず、フェンダーの上に乗り上げたり、ひどい人は、勢い余ってジェットスキーごと陸まで飛んでいく。

また、ていねいに扱っているつもりでも、トレーラーとジェットスキーが接触する衝撃で、両方に多大なダメージを与えているケースが多い。だから、西本店長は、自分のお客様には「ジェットスキーに乗ったまま、水からトレーラーに上げないよう」にと、説明しているという。

ジェットスキーのフロント部分を、トレーラーに全く衝撃を与えないように接続する。

トレーラーに乗せる際、全くショックを与えないように、ジェットスキーのブレーキ&リバースを利用する。ジェットスキーのフロント部をトレーラーに接続する。

ブレーキ&リバースの装備されていないジェットスキーだったら、本シリーズ第3回目「ジェットスキーを水から上げて帰るまで」で紹介した方法で行うと良い。

トレーラーに乗せようとする際のぶつかったショックで、ジェットスキーの下ハルを痛めたり、トレーラーやヒッチメンバーを痛める。

トレーラーと接続して、ジェットスキーが静止している状態から、アクセルを少しずつ開けてトレーラーに乗せていく。

焦らずアクセルを徐々に開け、絶対に急発進をしない。

ゆっくり徐々にアクセルを開けていけば、トレーラーから滑り落ちることはない。落ち着いて、ていねいに作業を行う。

この場面では、ジェットスキーをキールローラーに接触するまで進めない。

前項で「キールローラーに接触するまで進めない」と書いたが、エンジンを掛けたまま、ジェットスキーのフロント部がキールローラーにぶつかると、衝撃が加わってトレーラー、ジェットスキーの両方が破損するケースがある。

ジェットスキーから降りる。このとき、まだエンジンは停止させない。

ブレーキ&リバースが付いているジェットスキーであれば、「F」の表示(前に進める状態)にしたままドライバーは降りる。このとき、「N(ニュートラル)」にしたり、エンジンを停止させると、ジェット噴流による推進力がなくなり、トレーラーのレールの傾きでジェットスキーが水に滑り落ちてしまう場合がある。また、止まっているように見えても、他のジェットスキーの引き波などでトレーラーに振動が加わると、簡単に滑り降りてしまう。

エンジンの回転数はアイドリング状態。モードは「F」である。

ハンドウインチのロックを外し、ストラップを伸ばしてからバウアイにフックを引っ掛ける。

ストラップを巻き上げる。

くれぐれも、勢いよくトレーラーに乗せたりしないように! ジェットスキーもトレーラーも、大切な宝物。ていねいに扱いましょう。少しでも操船に自信のない人は、シリーズ第3回・実践編「ジェットスキーを水から上げて帰るまで」を実践してください。

プロが教える「初めてのジェットスキー」も、今回で5回目。何度も見て、確認して、事故のないように、安全にジェットライフを楽しんでください。

話/西本茂隆氏(シーゲッツ代表)

「プロが教える初めてのジェット・実践編 [1]朝、出かける前にすること」はコチラをクリック

「プロが教える初めてのジェット・実践編 [2] ジェットスキーを水に降ろすまで」はコチラをクリック

「プロが教える初めてのジェット・実践編 [3]ジェットスキーを水から上げて帰るまで」はコチラをクリック

「プロが教える初めてのジェット・上級者編 [4]ジェットスキーをトレーラーから降ろす方法」はコチラをクリック



ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング