カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. LIFE
  3. 自然の恐怖!「落雷による死亡事故」毎年、発生しています。雷鳴が聞こえたら、海から上がろう! ジェットスキー(水上バイク)

自然の恐怖!「落雷による死亡事故」毎年、発生しています。雷鳴が聞こえたら、海から上がろう! ジェットスキー(水上バイク)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海に雷が落ちたら、人は死んでしまう!

海に落ちた雷は、海面で四方八方にあっという間に分散されるので、浮いている船も人も危険です

雷はどこにでも落ちます。陸上なら高いビルや鉄塔、高い木などによく落雷しますが、高い建物などが何もない海上では、船やサーファーが落雷の標的になります。

海に落ちた雷は、海面で四方八方にあっという間に分散されます。水面は感電の恐れがありますし、何もない大海原に浮いているのは、船も人も危険です。直撃しなくても、雷が水中で拡散することで、周辺の人も感電してしまいます。

ウェザーニュース(8月28日付)によると、高知県の海岸でサーファー集団に落雷した事故では、早朝から激しい雨にもかかわらず50~60人がサーフィンをしていました。雷鳴が聞こえたため、20人ほどが岸に上がり、残りはサーフィンを続けていました。午前6時45分ごろ、サーファーに落雷し、20人ほどが気を失って海に浮かびました。無事だったサーファーや付近の民宿の人が救助しましたが、6人が死亡、7人が重軽症を負いました。このとき雷の直撃を受けたのは1人で死因は感電死、付近にいた5人は気絶して溺死したと伝えられています。

千葉県の海水浴場で起きた落雷では、1人が亡くなり、8人がケガを負いました。浜辺には、幅30mほどの広い範囲にわたって、落雷の被害にあった9人が倒れていたそうです。濡れた砂の水分が電気を通し、30m離れた波打ち際にいた人も感電しました。

被害が拡大した原因は、海水が電気を通したためでした。電気は海の中を伝わり浜辺にまで達します。雷鳴を聞いて「海から引き上げた人」と、「海に残ってサーフィンを続けた人」の判断の違いが生死を分けました。海にも雷が落ちるし、それで死傷することがあります。

海にいるときに雷が近づいてきたら、すぐに海から上がり、鉄筋コンクリートや、避雷針のある建物に入ってください。近くに避雷針がない場合には、自動車に避難してください。万一、自動車に落雷しても、電気は車体を通じて地面に逃げるということです。避難できる場所が近くにない場合は、できるだけ低い姿勢で雷をやり過ごしてください。
雷を甘く見ていると、大変なことになります。この季節、海水浴やサーフィン、釣りなどの海のレジャーに出かける人は、十分に注意してください。

【関連記事】
「浜名湖ルール」浜名湖には、水上バイクに乗るときの「自主規制ルール」があります
実録・アナタならどうする!? 同乗者が突然、落水 意識不明の状態でうつ伏せのまま海面に浮いていたら‼
今、洞爺湖がヤバい! 水上バイク暴走&水上レジャー目的の無許可で桟橋設置 マナー違反相次ぐ
どのメーカーの水上バイクが壊れないの?
2020「水上バイク」全モデルラインナップ

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング