カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. BEGINNER
  3. ジェットスキーの免許 1日で取る方法

ジェットスキーの免許は1日で取得できます!

代表的な例は、ヤマハ免許教室の場合、最短1日(所要日数は、会場に出かける日数の目安。独学時間は含まない)です。
1日コースは、学科講習をスマホやパソコンなどの端末を使って、オンラインを使って独学で受講し、実技講習と国家試験を行います。会場に出かけるのが1日ということです。もちろん、別途、学科講習を行ってくれるコースもあります。実技講習と国家試験が別の日になる場合もあります。約1週間で免許が届きます。

誤解しやすい「1日で取れる免許」というキャッチコピー

よく「最短1日、スピード発行、即日交付」というキャッチコピーを目にすることがありますが、最短1日というのは、実技講習と国家試験だけ受けた場合です。学科の学習は、試験日まで「何日もかけて、自分で頑張る」ということです。
「即日交付」も、「試験の発表日に自分で申請に行く」か、「別途料金で、代行業者に頼む」というオチがつきますので、勘違いしないようにしたいです。

「ジェットスキーの免許は1日で取得できます!」と、タイトルに書きましたが、ここには、学科の学習時間が入っていません。よほど天才的な暗記能力がある人でなければ、「学科の学習も含めて、1日で免許が取れる」というのは無理です。

1日で無理なら、一体、何日かかるの?

国家試験を受験する「受験コース」の場合

ヤマハボート免許教室の例

最短1日(所要日数は、会場に出かける日数の目安。独学時間は含まない)。このコースは、学科講習をスマホやパソコンなどを使って、オンラインで独学で受講します。実技講習と国家試験は、指定された会場で行います。会場に出かけるのが1日ということです。
別途、学科講習を行ってくれる「講習1日(学科講習・実技講習)+国家試験1日」の合計2日間というコースもあります。
合格すると、約1週間で免許が届きます。

国家試験を受験しない「教習コース」

最短1日半
学科講習:6時間(1日)
実技講習:1時間30分(半日)
講習の最後に、修了試験を受験します。これに合格すれば、2~3週間後に免許が届きます。

免許の取得を考えているのなら、ぜひこちらの記事を併せてご一読ください

ジェットスキーの免許の取り方(編集部が勧める「免許の取り方」も掲載)
ジェットスキー(水上バイク)の免許を取りに行きました 体験記
ジェットスキー(水上バイク)の免許について 免許の種類、必要書類、免許取得までの流れ

【関連記事】
良いジェットスキーショップの選び方
どのメーカーの水上バイクが壊れないの?
今、「初心者」が、買うべき水上バイクは?(ジェットスキー)
ジェットスキー(水上バイク)2019年全モデル

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング