カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. FASHION
  3. クエーキーセンス 2022 NEWバージョン 「ハイクオリティ・ ライン」 完成のお知らせ

クエーキーセンス 2022 NEWバージョン 「ハイクオリティ・ ライン」 完成のお知らせ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「着るコダワリ!」機能と素材に“妥協”はない。クエーキーセンスが、新たなハイクオリティ・ラインを発表

今回紹介するのは、クエーキーセンスの新ラインである。ジェットだけでなく、サーフィンやSUPボードなど、マリンスポーツ全般に使えるウェットスーツが完成した。 ウェットスーツの素材である「ネオプレーン」は、サーフィンやダイビング用としても使われている。ひとくちに「ネオプレーン素材」と言っても、薄いものや厚いもの、高機能からリーズナブルなものなど、世の中にはさまざまな生地が流通している。

素材の特性のひとつに「保温性の高さ」がある。ネオプレーン生地の中には、たくさんの気泡が入っている。そのおかげで、素肌とネオプレーン生地の間にうっすら溜った水分が温められ、その時に生じた熱を外に逃がさない仕組みとなっているのだ。このため、「急激な水温変化」から守ってくれるという仕組みだ。

クエーキーセンスのハイクオリティ・ラインの素材は、進化した最高級の「ネオプレーン素材」を使用することで、今までよりも薄くて柔らかい「ドライスーツ」になっている。このドライスーツは、従来の製品と柔軟性は変わらないのに、厚みと伸縮性に富み、保温性と動きやすさを両立している。

ハイクオリティ・ラインのウエットスーツは極めてシンプルなデザイン。通常より“厚み”のあるネオプレーン素材、なのに動きやすい!

ジャンルを選ばない、マリンスポーツ全般で使える万能スーツ

このハイクオリティ・ラインのドライスーツ&ウェットスーツは、マリンスポーツのジャンルを選ばずに使えるのも特徴的だ。
我々ジェットユーザーの常識としては、クエーキーセンスのウェットスーツといえば、「薄手でルーズフィット」「ユニセックスで男女ともに着られる」「カラフルで斬新なデザイン」という認識だろう。今回のハイクオリティ・ラインは、これまでのクエーキーセンスの常識とは真逆の商品である。

ハイクオリティ・ラインのドライスーツは通常より“薄い”ネオプレーン素材、薄くて柔らかい生地なのに“凄く”暖かい!

タイトに体にフィットし、一日中着ていても疲れない

従来品との一番の違いは、「タイトフィット」であるということ。今までより、格段に体にフィットする仕様となっている。この「サイズ感」という部分に、非常に強い重要性を感じている。
サーフィンやウエイクボード、ウエイクサーフィンの場合、「体を保護する」という観点から、タイトフィットでも機能的で動きやすい製品が好まれる傾向にある。
そのため新しい製品は、「既存のモデルよりも“フィット感”を重要視している」という。

デザイン面も、既存のクエーキーセンス製品と比べて、色合いもデザインも非常にシンプルである。その分、どのマリンスポーツにも使いやすい。

マリンスポーツに限らず、どのスポーツも少子高齢化の影響から、全般的に高齢化が進んでいる。そのため、何が何でも「ライド」したり「波に乗る」のではなく、「海に来て一日中ぼ~としていても快適なウエア」で、体を動かすときは「アグレッシブに攻められる」。そんなライディングギアが求められている。新しい製品ラインは、そんな相反するリクエストに応えた形だ。

発売時期については、近日発表される予定となっている。
生地は厚手なのにしなやかで、内側の肌ざわりも良いスーツは、クエーキーセンスの新しいスタンダードになるだろう。

ジェットは当然ですが、すべてのモータスポーツ、マリンスポーツ、ウインタースポーツを応援しているクエーキーセンス。

問い合わせ先:クエーキーセンス

【関連記事】
気を付けて! 子供は静かに溺れます! 水辺では “子供たち”に「ライフジャケット」を着せましょう!
アナタは「プルオーバー」派? それとも「フロントバックル」派? どちらが好きですか? 法定備品ライフジャケット 
2022年 “水上バイク全メーカー 国内ニューモデル 全モデルラインナップ
2022年 BRP SEA-DOO(シードゥ)ニューモデル国内全モデルラインナップ
2022年 ヤマハ Wave Runner(マリンジェット) ニューモデル国内全モデルラインナップ
2022年 カワサキ ジェットスキー ニューモデル国内全モデルラインナップ
ウェットスーツを着る本当の理由 ジェットスキー(水上バイク)
ドライスーツは世界を変える ジェットスキー(水上バイク)


ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング