カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. FASHION
  3. ドライスーツは世界を変える ジェットスキー(水上バイク)

ドライスーツは世界を変える ジェットスキー(水上バイク)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう戻れない

遥か昔、今よりも頻繁に乗らなかったころのことだ。ドライスーツ代をケチって買わず、天気予報の「明日の最高気温は▲×℃です」という情報を頼りに、ウェットスーツで仲間とジェットに乗りに行っていた。朝は寒くても、最高気温になれば……と、自分に言い聞かせながら。寒くても暑くても、ジェットに乗ってしまえば楽しいのだが、今、思い起せば寒かった記憶しか残っていない。

初めてドライスーツで乗ったときは、あまりの快適さに「何でもっと早く買わなかったんだろう」と、本気で後悔した。「私は寒いのが大嫌いだ」と自覚したのも、ドライスーツを買ってから。人間は、ないものねだりはしない。自分が所有しているもののなかで、快適さを見つけるものなのだ。

しかし、1度使ってしまったら、もう2度とウェットスーツには戻れない。「ウェットスーツでも、寒いけど楽しい」が、ドライスーツを知ってしまった今は、「冬のウェットスーツは、寒いだけの罰ゲーム」に変わってしまった。私の中で”楽しさ“が消えてしまったのだ。 ドライスーツは年々進化する。数年前とは、暖かさも段違いだ。もっと金銭的に余裕ができたら買おうと思っていたが、誘惑に目がくらみ、気が付いたら新しいドライスーツを衝動買いしていた。

これからの季節のマストアイテム「ドライスーツ」。私は、冬でもジェットに乗る。11月、12月は、1年で最も快適にジェットに乗れる季節でもある。水温は夏の温もりを残しているし、晴れた日中は、驚くほど気温も上がる。寒い日は、じっと家にいるのも選択のひとつかもしれないが、ドライスーツ1枚で世界が変わる。

着用のドライスーツは、「KOOTA THERMAL FULLDRY(クエーキーセンス)」です。このドライスーツは、非常に動きやすく、動けば動くほど温かくなります。ちなみに、私は1年を通して、一番長く着用しているのが、このドライスーツです。

■KOOTA THERMAL FULLDRY
価 格:72,800円+Tax
サイズ:S、M、L、XL
カラー:BLACK
取り扱い:BROI(クエーキーセンス)

この記事を読まれた方は、こんな記事も読んでいます
グローブはサイズにこだわる ジェットスキー(水上バイク)
万能アイテム・ツアーコート

【関連記事】
ジェットスキーの免許の取り方 
グローブはサイズにこだわる
ジェットスキー 初心者でも上手く走らせるコツ(水上バイク)
秋はジェットスキーのベストシーズン(水上バイク)
良いジェットスキーショップの選び方

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング