カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. MACHINE
  3. 2019 ヤマハ「EXR」

新しい「EXR」は、より「軽量、機敏、軽快」が感じられるモデルです。
その秘密は、船体の素材に超軽量素材「ナノエクセル2」を使用していること。
乾燥重量は245kgと、他の大型ランナバウトに比べてずいぶんと軽い。
エンジンも、専用に開発された「TR-1 High Output」を搭載し、回転数を、従来の7,300回転から、8,000回転にパワーアップしているのが特徴です。



専用に開発された1,049cc TR-1 High Output Engine

このTR-1HOエンジンは、従来のTR-1エンジンと比べ、高回転型に特性を変更することで約8%の出力向上を実現している。

コックピット / メーターパネル

マルチファンクション液晶メーターでは、回転計や速度計、燃料計、各種警報装置、シフト表示の情報を確認できる。
ミラーやハンドルも、ライダーが扱いやすい位置にレイアウトされている。

EXRハル

スポーツ走行から、クルージングまで対応するEXRハル。
自然な操縦感覚と、軽快な走行性能を両立した。

グローブボックス

ハンドル下の、ライダーの扱いやすい位置に配置。小物の収納に便利だ。

シート下物入れ

シートの下にも収納可能。バウ物入れ、グローブボックスと合わせ、十分な容量を確保している。

リボーディングステップ

シュノーケリングや、スイミングなどを楽しんだあと、水中から楽に乗船できる。

ジェットポンプ

TR-1 HOエンジンの出力を効率よく推進力に変換してくれる。



※もっとヤマハ「EXR」を知りたい方は、本誌2019年1月号で詳しく紹介しています。
※試乗インプレッションを詳しく知りたい方はこちら

※メーカーのHPはこちらをクリック



ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング