カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. BEGINNER
  3. ジェットスキー 「新艇」と「中古艇」ではどっちがお得?(水上バイク)

ジェットスキー 「新艇」と「中古艇」ではどっちがお得?(水上バイク)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「新艇」と「中古艇」 買うならどっちがお得?

ジェットスキーを買うとき、「新艇」と「中古艇」のどちらを買ったらいいか悩むところです。「どっちがお得?」「どちらを選んだほうが、より楽しいジェットライフを送れる?」。これから、ジェットスキーを始める人にとって、これは大問題です。最初の購入でつまずかないために、WJS編集部が信頼しているプロのジェットショップ・スズキマリンで話を聞きました。

新艇と中古艇、どちらを選べば正解というものではないのです

中古艇を買って「正解」「不正解」の答えが出るのは、実は「ジェットを売却したとき」

WJS ジェットスキーを購入する場合、「新艇」と「中古艇」がありますが、鈴木さんはどっちを買った方が得だと思いますか?
鈴木 上手くいけば、と前置き付きで「中古艇」と言いたいところですが、間違いないのは「新艇」です。

WJS それはどうしてですか? 程度のいい中古艇なら、お得な気もしますが?
鈴木 お客さんにも同じ質問をされることが多いのですが、中古艇を買って「正解」「不正解」の答えが出るのは、実は「ジェットを売却したとき」なんです。それまで「調子が良い」と喜んでいても、ある日突然、「エンジンがかからない」なんてことになったら、購入は失敗ということになるでしょう。

WJS 鈴木さんのショップにも、程度が良さそうな中古艇が販売されています。同じ金額で、新艇だとエントリーモデルしか買えないのに、中古だと少し前のフラッグシップが買えますよね? このお店のような、信用のおける販売店から買うのなら中古艇で良いのではないでしょうか?
鈴木 私のお店では、中古艇を下取りして販売する場合、できる限りのメンテナンスを施してからでないと販売しません。それでも、中古艇は何があるか分からないのです。

WJS 話を聞いて思うことは、プロのジェットショップの人のほうが、「水上バイクが壊れる」と思っている気がします。実際の話、鈴木さんのショップで中古艇を買って、「すぐ壊れた」なんていうクレームは滅多にないのでは?
鈴木 滅多にありません。でも1回でもあっちゃダメだと思うんです。もし仮に、走行距離が1万km以下の自動車を買って、すぐに「エンジンが壊れた」なんて話、聞かないでしょう? でも、ジェットにはそれがあるんです。

WJS 新艇でも不具合が出る場合もあるのでしょうか?
鈴木 ごく稀にですが、あります。でも、新艇には「メーカーの1年保証」が付いています。これが大きい。メーカーの責任で起こった不具合は、タダで直せる。ウチのような正規販売店で購入した場合、少しぐらい疑わしい故障でも、メーカーは手厚く対応してくれるケースが多いです。というのは、買ってから半年くらいで不具合が判明したとき、お客様の乗り方が原因なのか、初期不良なのかが判断しにくい場合があるんですよ。

WJS 鈴木さんは常日ごろから、お客さんに余計な修理代を払わせるのをとても嫌がりますよね。
鈴木 だって、「余計な修理代」ほど、ジェットをやめる原因になることはないからです。

WJS だから、より壊れるリスクが少なく、保証がある新艇を勧めるわけですね。
鈴木 はい。かといって、ウチも中古艇の販売には力を入れています。新艇のほうが儲かるうんぬんという理由でではなく、あくまでも中古艇は「現状渡し」が原則。売る前にテストでエンジンをかけたり、実際に乗って問題がなくても、売った翌日、エンジンがかからなければ、買主の全額負担で直すことになります。

WJS でも鈴木さんのような優良な販売店から買えば、そういうケースは少ないのでは?
鈴木 はい。そうそう壊れません。下取り後、全て確認してメンテナンスを施し、疑わしい消耗品は全部交換してから販売します。それでも、エンジンをバラして、中身まで確認したりはしません。そこまですると工賃と時間がかかり、中古艇のメリットである「割安感」が出せなくなるからです。

ジェットスキーは「壊やすい」のではなく「壊やすい」のです

WJS 大げさかもしれませんが、「ジェットスキーは壊れやすいもの」。新艇でも中古艇でも、壊れるリスクがある以上、メーカー保証が付いていて壊れにくい新艇が良いということですか?
鈴木 その、「ジェットは壊れやすい」という言い方には語弊があります。「ジェットは壊しやすい」という言い方が正しいと思います。

WJS どう違うのですか?
鈴木 キチンとした使い方をしていれば、ノートラブルでずっと遊んでいられます。なかには、自分は正しい使い方をしていると思っていても、ダメな使い方で壊してしまうケースも多いです。例えば、お客さんには「水深の浅い場所ではエンジンをかけないで」と、再三、言っているのに、エンジンをかけてしまいポンプに石を詰まらせる人がいます。「あれだけ言ったじゃないですか」と言うと、「俺は深いところで乗っていた」と言う。本人にとっては、十分な深さのある場所だったんでしょうけど、それでは浅かったということです。でも、1度そんな思いをすると、皆さん、2度目はやらないですね。

WJS 結論として、すごく程度が良くて、安い中古艇を購入できた人は、新艇を買うより、得をしたということになるのですか?
鈴木 先ほどもいいましたが、中古艇で「得をした」というのは、納得した金額で売却したときに、初めて言えることです。購入した中古艇のアワーメーターの時間が少なくて、調子が良くても、良い買い物をしたとは言い切れない。前のオーナーがどんな乗り方、使い方をしていたかは、誰にも分りません。先ほどのお客様のように、正しい使い方をしていると本人は思っていながら、実は間違った使い方をしているということも考えられます。だから、「安心を買う」という意味においても、私は新艇を勧めています。
WJS 勉強になりました。ありがとうございました。

「ジェットスキーは壊れる。でも、滅多に壊れない」という不思議な乗り物

新艇を買うのか、中古艇を買うのか、という話から少し逸れるが、「壊れる」ことに対する意識の重さが、ユーザー側と販売するジェットショップ側ではずいぶん違うことに驚いた。

修理は嫌だ。壊れるのは本当に嫌だ。新艇でも中古艇でも、安くない金額を払って買ったのに、原因不明でエンジンがかからないといった事態に陥れば、自分の不幸を嘆き、悲しみ、なかなか受け入れられないだろう。

といっても、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ではないが、ついつい目先の割安感に飛びついてしまうのも事実だ。プロのジェットショップの話をよく聞こう。ジェットスキーの購入では、目先の金額にとらわれず、目に見えない「価値」を買うことがよっぽど重要だ。

■この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます
ジェットスキーの良い購入先

WJS編集部が勧める「信頼できるジェットショップ」が販売している中古艇一覧

取材協力/スズキマリン

鈴木雄生氏(スズキマリン店長)
〒293-0021 千葉県富津市富津2401-315
Tel.0439-87-8455
URL:https://suzukimarinejet.com/

関連記事
良いジェットスキーショップの選び方
ジェットスキーの免許の取り方(編集部が勧める「免許の取り方」も掲載)
初めてのジェットスキー(水上バイク)実践編 [1]朝、出かける前にすること
WJS編集部が勧める「信頼できるジェットショップ」が販売している中古艇

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング