カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. LIFE
  3. 今さら聞けない「ランドローバー」と「レンジローバー」と「ディフェンダー」の違い

今さら聞けない「ランドローバー」と「レンジローバー」と「ディフェンダー」の違い

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「ランドローバー」と「レンジローバー」と「ディフェンダー」
聞いたことがある名前だが、ややこしい……。
その違い、知ってますか?

「ランドローバー」という名称は、会社の社名である。「ランドローバー社」の作っている車が「ディフェンダー」と「レンジローバー」だ。ややこしい原因は、もともと、イギリスのローバー社の作った車の名前が「ランドローバー」だったことにある。現在は、社名であり、ブランド名を指しているのだ。余計に、ややこしい。

ひと目で分かる「ランドローバー」の歴史

第2次世界大戦に活躍したアメリカ製ジープ「ウィリス」。

1948年に造られた、ランドローバーの第1号。

「ランドローバー」の誕生

「ランドローバー」は、1945年に終結した第2次世界大戦中に活躍したアメリカ製ジープ「ウィリス」を目標に開発された車である。それまで、イギリスには国産のシープがなかったが、1948年にイギリスの「ローバー・モーター社」が、オフロード向けの車両として開発したのだ。ボディが角ばっているのは、アルミ製パネルを多用しているため。当時のイギリスは、戦後の鉄不足に悩まされており、アルミを多用していた。その流れを、現在も受け継いでいる。

その後、同社のオフロード車や、SUVを包括するブランド名となっていった。「ランドローバー」は、1948年に初めて登場し、70年以上の歴史を持つ車である。当時から現在まで、外観の造形に劇的な変化がないのが特徴だ。

武勇伝「ランドローバー・ピンクパンサー」

「ランドローバー」で有名なのは、イギリス陸軍の特殊部隊SAS(Special Air Service、スペシャル・エアー・サービス)で使用された「ピンクパンサー」だ。

戦時中、活躍した「ランドローバー」。

イギリス陸軍の特殊部隊SAS。

イギリス陸軍の特殊部隊SASで使用された「ピンクパンサー」。砂漠に溶け込ませるためのカモフラージュとして、全面ピンクの塗装を施したり、砂に埋まらないよう低圧タイヤを採用。ボンネット上に装着しているサンドマットが特徴的だ。サンドマットとは、スタックしたときにタイヤの下に敷くためのマットのこと。スタックしたときに、これを敷いて脱出する。

「DEFENDER(ディフェンダー)」



「DEFENDER(ディフェンダー)」とは

「ディフェンダー」とはランドローバー・シリーズを1990年に改良した時点で付けられた車名である。強靭なラダーフレームのシャーシと、アルミニウムボディを採用。各国の軍用車両や、警察、消防車両などに、多数、採用されている。全般的に、乗り心地は決して良いとは言えない。エンジンのバリエーションは非常に多く、高馬力のエンジンは、当然、パワフルで速い。

しかし、空力の観点から見ると、高速域でこの形状は抵抗以外の何モノでもない。ベンツのAMGゲレンデワーゲンと同じで、趣味性や嗜好性のほうが重要な車だ。ラグジュアリーで、高性能なジープである。

2019年の現代、セレブ層の間でディフェンダーをカスタマイズして日常に使用するのが大流行だ。ベース車両があまり認知されていないので、恐ろしく高額にカスタマイズされている車でも、一見して、そうとは分からない。

「Range Rover(レンジローバー)





「レンジローバー」とは、イギリス・ランドローバーが生産している高級4WD車であり、ランドローバーブランドのフラッグシップモデルである。

今回、『今さら聞けない「ランドローバー」と「レンジローバー」と「ディフェンダー」の違い』という記事を掲載した。歴史と併せての説明がなければ、なかなか分かりにくい車である。

【関連記事】
ジェットスキーヤーが憧れる車「DEFENDER(ディフェンダー)」

 気になる車「古いフェラーリ」
憧れる車「フォード マスタング」
Harley-Davidson(ハーレーダビッドソン)が、「格好いい」と思われる理由
良いジェットスキーショップの選び方
ドライスーツは世界を変える

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング