カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. LIFE
  3. 無知で危険な「真夏の風物詩」、悲しい「水上バイク」の勘違い! 接触したら大怪我か死亡事故にも!「ジェットスキー」

無知で危険な「真夏の風物詩」、悲しい「水上バイク」の勘違い! 接触したら大怪我か死亡事故にも!「ジェットスキー」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

危険な2人 ―無自覚な悪夢―

夏になると、この写真のような光景を日本中のゲレンデで見かける。
彼女や友人を後ろに乗せ、急旋回を繰り返す若者たち。お決まりのように後部座席の人が落水する。そして、落ちた人に向かって水上バイクで引き波を浴びせて楽しそうにはしゃいでいた。水をかけられている方も、まんざら嫌がってはいない。

その光景を見ていたプロライダーが呟いた。
「……人殺しだよ」と。

浮いている人は俊敏に動けない。そのすぐ横を、総重量400kgを超えるランナバウトが、結構なスピードでグルグルと回っているのだ。ほんの少しでも体に触れたら、間違いなく大事故に繋がる。

ドライバーには全く悪気がないし、落水している人も楽しげだ。
しかし実は、巨大な乗り物で、動けない友人に「襲いかかっている」のと同じである。楽しげに襲いかかり、襲われている方も笑顔で受けている。よくよく考えれば、なんとも異様で恐ろしい光景なのである。




上級者ほど、落水者に近づくことは絶対にしない!

水上バイクは、「アクセルを開けないと曲がらない」

なぜ笑いながら、こんなに「危険な行為が出来るのか?」と聞けば、「ことの重大さを理解していないから」である。ぶつかったら最悪死亡、もしくは大怪我になるのを分かっていない。しかも傷つけあうのは友人同士なのだ。

上級者になればなるほど、「完璧なライディングは“出来ない”という事実」が体に沁み込んでいる。ジェット推進で走るという乗り物の構造上、推進力が途切れると、ハンドルを切っても曲がらない。曲がるためには、アクセルを開けて推進力を得る必要がある。

もし目の前に人が浮いていたら、迂回するためにはアクセルを開けてスピードを上げないといけない。浮かんでいる人にしたら、急にスピードを上げた400kgを超える水上バイクが、自分に向かって突っ込んでくるように思うだろう。
そして、回避できるだけの技量がなければ、轢くしかない。そんな可能性があることを知っている人は、絶対に人の近くを通ることはしない。

人の近くを上級者は絶対に走らない。そんな行為を見るだけで、良く知らない人が操船していると思って間違いはない。しかし、いくら知らないからといっても接触すれば、大事故なのだ。





上級者から見たら「悪質で危険な傷害罪」、初心者には「無邪気な楽しい水遊び」

これは、誰かが説明してあげないといけない話だ。大事な友人を、故意に怪我させたいと思う人などいない。「危険な水遊び」をやっているのが、何の悪気も感じていない、無邪気な若者ならなおさらだ。彼らは、上級者と同じ「水上バイク乗り」である。

一番恐ろしいのは「無関心」。水上バイクの怖さを知っているはずのベテランライダーが、この光景を見ても「真夏の風物詩」として流していること。感覚が麻痺して何も感じなくなることだ。

無知で、無謀な水上バイクは、この世から退場して欲しい。このような“立振る舞いを”「上級者はやらない、カッコ悪い行為」という認識が普通に広まることを望んでいる。




【関連記事】
世の中が変わる。時代によって価値観の変わる日本社会!水上バイクのある暮らし。
真夏の“水上バイク”屋さん! 店長の“憂鬱”!まじめな 彼が「最も嫌がる言葉」を知っていますか?その理由を、聞いて、深く納得!
店の大きさや、値段の安さは関係ない!良い“ジェット ショップ”の選び方。
ジェットスキーの免許の取り方

2022年 “水上バイク全メーカー 国内ニューモデル 全モデルラインナップ
2022年 BRP SEA-DOO(シードゥ)ニューモデル国内全モデルラインナップ
2022年 ヤマハ Wave Runner(マリンジェット) ニューモデル国内全モデルラインナップ
2022年 カワサキ ジェットスキー ニューモデル国内全モデルラインナップ2021 水上バイク国内全モデルラインナップ

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング