カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. MACHINE
  3. こんな乗り物、ほかにない! カワサキの異端児、水の上を走るお座敷「ジェットメイト」を知っていますか? ジェットスキー(水上バイク)

こんな乗り物、ほかにない! カワサキの異端児、水の上を走るお座敷「ジェットメイト」を知っていますか? ジェットスキー(水上バイク)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「お座敷ジェット」と呼ばれた「ジェットメイト(JET MATE)」を覚えていますか?

カワサキって、スゴく自由!

ジェットメイトは、1988年にカワサキから発売されたジェット推進のジェットスキーです。カワサキモータースジャパンのサイト内にある「ジェットスキーの歴史」というコーナーでは、「ほぼ長方形に近いバスタブのようなハルを採用した『JET MATE』。運転席1、後部座席2のシートレイアウトを持つ、カワサキ初の3シーターモデル。ヘリコプターの操縦桿ように、トリガータイプのスロットルを採用。主に、水面の穏やかな川や湖で愛用された」と紹介されています。

しかし、ジェットメイト発売当時の1988年、ジェットスキーといえば、スタンドアップのJS 440やJS 550が主流で、2人乗りできるのは650X-2しかありませんでした。ジェットスキー専門誌では「商品名からも分かるように、これはジェットスキーではなく『ジェットメイト』。あくまでもジェットスキーの仲間としての登場である(出典:ジェットドリーム、1988年、Vol.7)」と書いていました。特徴的すぎるその姿に、「果たしてジェットスキーと呼んでいいのか?」と物議をかもしたようです。

後にも先にも、こんな乗り方をする3人乗りは見たことがありません。発売からわずか2、3年で表舞台から消えてしまった機種ですが、ジェットスキー創成期ならではの想像力と可能性に満ちた機種だと思います。

1988年にカワサキから発売された「ジェットメイト(JET MATE)」。

前に1人、後ろに2人が並んで乗る。小さなボートにも見えるけど、れっきとしたジェットスキー。

ジョイスティック・ステアリング(操縦桿)

戦闘機のように、ライダーの両足の間からトリガータイプの操縦桿(ジェットメイトでは「ジョイスティック・ステアリング」)が設置されている。

前に進むときは、ジョイスティックについているスロットルレバーを引くだけ。コーナリングは、ジョイスティックを左右に倒すことで旋回する。

実際に編集部員が座ってみた。力任せに握って、ジョイスティックを折りそうで怖い……。この戦闘機のようなジョイスティック前後には動かず、左右に動く。左に倒すと左に曲がる。何とも言えない雰囲気だ。1988年にコレを発売したカワサキはスゴい。

カタマラン(双胴船)風の船底

ジェットメイトをひっくり返したところ。カタマラン船は、甲板の下に2つの船体がある双胴型ヨットのことで、このジェットメイトも左右にキールがある。このタイプの船底は非常に安定性が高い。

従来のジェットスキーではありえないほど安定している。

後進(リバース)機能付き

ポンプの上にリバースゲートが設置されている。

直進時。

後進時。リバースゲートが下がっている。

2人掛けの後部座席

大人2人が余裕で座れるベンチシートタイプ。

シートを上げると、ガソリンタンクとバッテリーが現れる。

エンジンルーム

エンジンは、スタンドアップのJS 650SXや、JS 650X-2と同じ650cc。

運転席の後ろがエンジンルーム。

ハッチを開けると、こんな感じでエンジンが現れる。ライダーはエンジンの真上に座ることになる。ちなみにこのシート、今のランナバウトのシートのように厚くない。

前後進用スロットルレバー

運転席の右側の黒いレバーで前進と後進を切り替える。このあたりは小型船と近い。

走り出すと、滑走状態になるまでが非常に速いそうだ。「鈍重なイメージからは想像もできないくらい、機敏な動きだった」と、当時の雑誌でも絶賛している。

乗り手が使い方をセレクトできる乗り物、それが「ジェットメイト」

荷物も積めるしガソリンも詰める。当時、最強のマルチジェット

「燃料や食料を搭載してのロングツーリングが可能となった画期的なモデル」と、当時言われていたジェットメイト。船底がフラットで、ジェットスキーと同様に浅瀬にも入っていけるから、他のジェットスキーと一緒に給油も食事も休憩も自由自在にできます。また、水上スキー(まだウェイクボードが一般的ではなかった時代なので、トーイングといえば「水上スキー」でした)を引っ張ったり、レスキュー艇、釣りやダイビングのプラットフォームなどに使えると書かれています。

気になるスピードは、650cc、2ストロークツインエンジンで52PS/6,000rpm、最高速は47km/hに達します。時速120km出る現代のランナバウトから比べたら、スゲー遅いじゃんと言われると思いますが、当時はこれで十分だったわけです。
ちなみに、「ジェットメイトは小型のボートではなく『大型のジェットスキー』。ジェット遊びをするための『ジェット仲間』」という、分かったような分からないような乗り物という感想でした。スタンドアップ全盛時代の異端児だったのですね。

アメリカのジェットペイントの雄・ブロージョンが発売しているジェットメイト

アメリカンな美女が乗っているだけで、何だか嬉しくなる。

ウェイクタワーが付いているところを見ると、これでトーイングもできるようだ。

乗るとなぜか笑顔になる不思議な乗り物。

ブローションカスタムペイント、カワサキSX-R 800ccエンジン搭載、ファクトリーパイプエキゾーストシステム、オリジナルタワー。

ブロージョンのジェットメイトについて知りたい方は、こちらから。

上記5枚の画像は、全てBLOWSIONより

ジェットメイト主要諸元



全長 2,710 mm
全幅 1,525 mm
全高 770 mm
整備質量 239kg
排気量 635cc
搭載エンジン 水冷2ストローク2気筒
連続最高出力 52PS/6,000 rpm
定員 3名
燃料タンク容量 30L
1988年当時の発売価格 105万円

このジェットメイトにエンジンを換装して、現代に甦らせたい

ジェットメイトの持ち主である、コンストラクターの藤江功一氏は、当時、このジェットメイトを購入して実際に遊んでいました。ガソリン缶を積んで、皆でツーリングに行くのはもちろん、レース会場でブイの設置やマーシャル艇に使ったりと、さまざまな用途に使っていたそうです。

記憶では「最高速度が60km/hぐらい出ていたような……」と言っていましたが、当時の雑誌に最高速は47km/hと書いてあると告げると、非常に驚いていました。ジェットメイトは、その船底形状から船体抵抗が少なく、非常に軽快に走ってくれた記憶があるそうです。

現在、藤江氏が所有しているジェットメイトは最近入手したもの。「ブロージョンのジェットメイトは800SX-Rのエンジンなので、恐らく最高速は80km/hくらいでしょう。僕は、エンジンを1,100ccに載せ替えて、90km/hを目指します。外観も中身も、ブロージョンのクオリティを超えるのが目標」だそうです。
これから製作を始めるそうですが、一体どんな乗り味になるのか? 夢が膨らむお座敷ジェットです。

関連記事
黒い衝撃! マリンメカニック相模原オリジナル、SEA-DOO(シードゥ)2020年モデル「RXT-X 300 Black Edition」3月22日に発売
カラーリングでジェットは変わる!!
ジェットスキーのカラーリング 今、流行りの「ラッピング」って何?
簡単にジェットスキーのカラーリングを変えられる
トレーラー運転マニュアル 誰でもトレーラーを牽いてバックができる
ジェットスキー 「新艇」と「中古艇」ではどっちがお得?
フルグラフィックデカールキットを知りたい人は、「カラーリング変更はどうすれば良いの? デザインイメージが湧かない人に朗報」

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング