カテゴリ
タグ
  1. TOP
  2. RACE
  3. 20歳の夏 【第1回】ジェットスキーに懸ける青春
カワサキ1,500ccエンジンを搭載したニューマシン。

片野丈一郎選手(写真左)と、コンストラクターの藤江功一氏(右)。

第1回 片野丈一郎 明日へのチャレンジ

皆さま、20歳のころは何をされていましたか?
ひとつのことに夢中になり、夢に向かって突き進む若者を、眩しくも、応援したくなることはありませんか?
今回、取り上げるのは、ジェットスポーツに青春を捧げている若者の話です。

彼の名は「片野丈一郎」。現在、将来に向けて資格を取るために勉強している学生であり、ジェットレース界では「中部地区の若手のホープ」と期待されている20歳の選手である。片野選手は、ジェットスキーの免許が取れる16歳になったと同時に取得し、その年のシーズンからレースに参戦している生粋のレーサーだ。片野選手の父・宣之氏も、現役のレーサーで、いわゆる「父子鷹」である。

片野選手が所属する「Bell Factory」では、「自分が乗るよりも、ジョー(丈一郎選手)のほうが勝てる」という宣之選手の英断により、昨年より、片野選手をエースライダーに据えた。それを、宣之選手が全面的にバックアップする態勢へと変えたのである。



世界的な花形クラス「プロスポーツGPクラス」

片野選手が参戦している「プロスポーツGPクラス」は、現在、世界のスーパースターたちがこぞって参戦し、シノギを削っている。片野選手曰く「戦うクラスは非常に大事。誰も相手がいないクラスで勝っても意味がない」と言う。

このクラスは、SEA-DOO HXやヤマハTZ、カワサキX-2が出場できる。今まで、このクラスは2ストローク艇が全盛だったが、4ストロークのスパークのエンジンに、ターボチャージャーを装着したマシンでパワーを上げてきた。しかし、マシンが速くなりすぎて規制がかかり、現在では、4サイクル1,500ccエンジンに関しては、スタンドアップ(スキークラス)と同じレギュレーションで戦うことになっている。

結果的にいえば、出場マシンのスピードの差は、ほぼなくなっている。ただ、エンジンの特性は、モロに違いが出るから面白いクラスである。

マシンの特性として、2サイクルエンジンは、軽いのでホールショットを取りやすい。ターボチャージャー艇は、トップスピードが最も速い。4サイクル艇は、トルクフルで万遍なく戦える。どれを選ぶかは選手次第だ。ちなみに片野選手のマシンは、SEA-DOO HXをベースに、スパークターボエンジンを搭載したものと、今回、新たに製作しているのが、カワサキ1,500cc・4サイクルエンジンを搭載したSEA-DOO HXである。マシンはともに、国内屈指のコンストラクター・藤江功一氏が製作している。

爽やかな若者らしい笑顔。

「マシンのアドバンテージで片野選手をアシストしたい」と、藤江氏は言う。

2018年のキングスカップで総合5位になった片野選手。写真右下は、片野選手と父・宣之選手。

全員が優勝候補で、今年のライバル。ここに、ダスティン・ファージング選手が参戦するかもしれない。いずれにせよ、大変なクラスである。

「チャレンジ」は「若さ」の特権である

「プロスポーツGPクラス」は、現在、世界的にも盛り上がっており、アメリカのスーパースター、クリス・マックルゲージや、ダスティン・ファージングなどが参戦する、混戦必至のクラスである。そんななか、昨年、タイ国で行われたキングスカップに片野選手が出場し、名だたるライダーのなかで、プロスポーツGPクラス総合5位に入賞した。ただし、ここから順位を上げることが至難の業である。実力、名前ともに、一歩も引かぬ選手ばかりだ。

音を聞いて、走りを見て、何かを感じるマシン

今年の6月9日、愛知県の蒲郡市で開催された「aquabike第3戦」で、会場中が注目したマシンがあった。それが、片野選手のカワサキ1,500ccエンジンが搭載されたSEA-DOO HXである。とにかく速い。心躍るエンジンサウンドを響かせながら疾走する姿は、レース会場でも話題となっていた。

レース終了後、疲労困憊している片野選手に「マシンどうですか?」と聞いたところ、「滅茶苦茶速いけど、とにかく疲れる」という答え。エンジンが重いからか、フロントが沈みすぎて水を噛み過ぎる。フラつくし、余計な波を全部拾ってしまうのだという。「でも、これなら僕が頑張ればいいだけの話」。乗りやすくても遅いマシンよりも、勝負の土俵に上がれる速いマシンのほうが嬉しいのだという。

今シーズン、片野選手は「海外レースに全精力を注ぐ」といい、「目指すは世界」と、日々、練習に励んでいる。

(第2回は、「疲れる」という話題のマシンと、彼のライバルとなるスーパースターたちの話である)

ジェットスキー中古艇情報

月間アクセスランキング